タコエギ船釣りを攻略!タックル&釣り方のキホン【解説】

今回は林良一さんにタコエギについて解説してもらいました。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

タコエギ釣りの基本

関西からはやり始めたタコエギ釣り。

専用のエギにロッドとリールを使い、テンヤとシブイトで狙う手釣りと一線を画している。

その魅力は、ルアー感覚でエギローテーション、揺れる船上でもストロークの取れるロッドでの安定した小突き、特筆すべきはキャストして広範囲を狙えることにある。

タックル

参考タックル図。

専用ロッドはレパートリーが揃ってきていて、廉価版からチタントップのエキスパートモデルまである。

代用竿としては、アジのビシ竿、スルメ竿、ヤリイカ竿など、硬めで先調子が向いている。

穂先~穂持ちが軟らかめであれば小突きやすく、硬ければアワセを効かせやすい。

チタントップの「メタリア エギタコ」はその高感度から、根掛かりしやすい根周りでの釣りでも、例えばゴロタ石の大きさや、角がとがっているなど、明確に手感度として釣り手に伝え、根掛かり回避にも効果的。

リールは堅牢な中型ベイトリール。

大型が乗ったときのアワセ、または根掛かり時の根起こしにも、丈夫なボディーが不可欠となる。

また、キャスト性を兼ね備えたモノがあれば、さらにいい。

ラインはPEラインの3~4号。

これにリーダーとしてフロロカーボンラインの8~10号を50cmほど結節。

リーダーが長いと結節部がトップガイドより内側に入り込んでしまい、キャスト時のトラブルに繋がることがある。

専用のスイベルを結び、そこにタコエギを1本、または2本ダブル付けにする。

オモリは、関西では50号で固定だが、東京湾では、底質、潮の速さや水深を考慮、15~40号を使い分けている。

釣り方

開始の合図がでたら、まずは船下を探ってみるといい。

潮が速ければラインが斜めに、遅ければ垂直に立つことになる。

ラインが斜めになればなるほど、根掛かりのリスクが高くなり、受けた潮の影響で、海底でエギがスライドするように引かれて動いてしまう。

そういった場合はオモリを重くしていく。

オモリは15~40号を使い分ける。

大切なテクニックに「小突き」がある。

海底のエギをイメージしてみよう。

エギを投入して着底、オモリが寝ている状態でラインを張り、オモリが立つ、寝るを繰り返すように小突く。

小突きは1秒間に2度ほどのペースで、決してオモリが海底を離れないように心掛ける。

エギのチョイスは、鉄板カラーのホワイト系とイエロー系をダブルで付けてみたり、2本が同色系ではないものが望ましい。

ダブルエギのメリットとして、大きく目立たせることもあるが、そのカラーが有効なのかを探るため、あえて相反するカラーのエギ同士を取り付ける。

アタリは、エギを小突くコツコツ感、スイベルのガチャガチャ感が次第に消えていくのと同時に、硬い砂地が軟質の粘土のような感触になっていくイメージ。

当然、ロッドにも重さが加わってくる。

これは例えれば、つきたての軟らかな餅が、次第にエギにのし掛かってくるような感じ。

アタリがあっても即アワセはNG。

そのまま小突き続けること。

「動かし続けると、タコが違和感を感じてエギを放してしまうのでは?」と思えるが、その考えはNOである。

タコに襲われた生物は、逃げようと必死に暴れる、その動きを小突きで演出。

アタリからアワセまでは、おおむね5秒前後。

このワクワク感もエギタコ釣りのだいご味で、ロッドを倒しこんで大アワセ、水圧でタコをズラしてカンナに掛けるのである。

大型ほどタモ入れのサポートを受けるといい。

こんなひと工夫

タコは好奇心の強い習性で、動くもの、光るものに興味を持つようだ。

なので、エギにも夜光や膨張色が多い。

また、リーダーの途中に金銀にキラキラ光る短冊を取り付け、それでタコに興味をひかせ、エギを発見させる、いわゆるティーザー的な集タコアクセサリーもある。

ここで一考、濁りの強い夏の東京湾では、海底付近の光量は少なく、あまり目立たないかも知れない。

そこで、夜光タイプの大型クローワームを付けてみる。

濁りが強い東京湾では夜行アクセサリーがよし?

それもエギから20cmほどの低めにセット。

あまり上だと、海底にいるタコから発見されないという考え方だ。

この方法はひと夏、いろいろと試してみたいと思っている。

<林良一/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年6月29日号に掲載された記事を再編集したものになります。