自宅で出来る『魚拓』の自作方法 材料は100均グッズだけでOK

自宅で出来る『魚拓』の自作方法 材料は100均グッズだけでOK

釣ったサカナの記録方法はこの時代色々ありますが、昔ながらの魚拓もまだまだ文化として残っています。しかし、一回もしたことが無い人がほとんどなのも事実でしょう。今回は自宅でできる魚拓の作成方法を紹介。

(アイキャッチ画像提供:PhotoAC)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

魚拓とは

魚拓(ぎょたく)というのは、釣りで釣ったサカナを、墨や絵の具を使って紙などに転写したものです。

釣り上げたサカナを原寸大で記録することが出来るため、釣具屋や遊漁船の待合所に飾られていることが多いです。

なかなか個人で魚拓をとる人は少ないかもしれませんが、意外と作る手順は簡単です。

最近はデジタル魚拓も

最近ではデジタル魚拓というものもあり、スマートフォンやデジカメで撮影した写真をPCで加工し、実寸大で印刷することもできるようになっています。

最新の技術を駆使していますので、左右を反転させたり、曲がった体や、尾の位置、寝ているヒレを伸ばしたりすることも可能だとか。

発祥について

魚拓は庄内藩が発祥とされ、日本で現存最古のものは天保10年(1839年)2月に現在の東京都墨田区錦糸町付近で釣られた鮒の魚拓「錦糸堀の鮒(ふな)」とされています。

黙々とサカナを釣る様子が、武士の道にも通じ、鍛錬にはもってこいと考えられていたため、大きな獲物が取れた際は、「討ち取った敵将の首」に見立てて、魚拓にして藩主に献上されたこともあったそうです。

魚拓の方法は2種類

まず、魚拓には、「直接法」と「間接法」というの2種類の方法があります。

『直接法』というのは、サカナに墨などのインクを塗って、和紙などの紙を上から押し当てる方法です。

なんとなく魚拓と聞いて思い浮かぶのはこの方法でしょう。

そしてもう一つの『間接法』は、サカナに和紙などの紙を載せて、その上から墨や絵の具などを落として着色する方法です。

直接法に比べ技術が必要ですが、複数の色を使い分けることが出来るうえ、細かいところまで記録に残すことができます。

用意するもの

ではさっそく、魚拓の作り方を解説していきます。

今回は「直接法」で解説です。

まず一番大事な魚拓を獲るサカナですが、こちらは釣りたてでしっかりと締めてあるサカナが望ましいです。

というのも死後、時間が経過してしまったサカナは体が死後硬直してしまいます。

そうなると硬直の状態によってはうまく紙が当てられない上に、かっこいい形に仕上げるのが難しくなってしまいます。

ですので、死後あまり時間がたっておらず、死後硬直の始まる前のサカナが扱いやすいでしょう。

自宅で出来る『魚拓』の自作方法 材料は100均グッズだけでOK道具は100円ショップで揃えられる(提供:PhotoAC)

その他の道具については

・墨汁
・筆(ハケ)
・たわし
・スポンジ
・新聞紙、ダンボール
・タオル、キッチンペーパー
・和紙(障子紙、ふすま紙)
・ティッシュ

があれば問題なく製作可能です。

和紙、墨汁などはなかなか家にないかもしれませんが、どれも100円ショップに必ずありますのでご安心ください。

次のページで制作手順を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。