沖釣りデビューの前に知っておきたいコト:「船宿」の予約〜乗船方法

沖釣りデビューの前に知っておきたいコト:「船宿」の予約〜乗船方法

今回はビギナーの沖釣りデビューのために、船宿の予約〜乗船方法まで解説しよう。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

乗合船と仕立船

船に乗って釣りをする「沖釣り」は、大きく分けて乗合(のりあい)と仕立(したて)の形式がある。

乗合は、いろいろな人が乗り合わせること。仕立とは船を貸し切ること。何人から利用できるかは船宿によって異なる。ここでは小人数やカップル、1人釣行で利用しやすい乗合船の利用方法を紹介する。

出船スタイル

通常の乗合船は、正味6~7時間が釣り時間になる「一日船」が基本。船宿や釣り物によっては、午前・午後に分かれた3~4時間の「半日船」や、それよりやや長い「ショート乗合」を導入している宿もある。

初心者が「沖釣りをやってみたい」と雰囲気だけでも味わってみたいなら、まずは半日船がオススメ。朝が苦手な人は午後船を利用するといいだろう。もちろん一日船のほうが釣り時間が長いので、道具の扱いに慣れたり、しっかり釣りをするならこちら。

沖釣りデビューの前に知っておきたいコト:「船宿」の予約〜乗船方法スケジュール図(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

上図は午前船に乗る場合のタイムスケジュール例。釣り物やエリアによって時間が異なり、一日船や午前船は4~7時出船の場所が多い。午後船は11時~13時の出船が中心。

出船確認~当日

釣行予定日が決まったら船宿に確認。出船の有無、集合時間・場所、出船時間、乗船料などを電話で問い合わせる。貸し道具やエサ、仕掛けなど必要なら同時に聞いておこう。

当日は、乗船手続きや準備に時間がかかることがあるので、少なくとも出船時間の1時間前までには船宿や集合場所に到着しておきたい。料金は、乗船前に支払う宿もあれば、下船後の場合も。

船での座席は、先着順で札を取ったり、船に直接荷物を置いて取る場合、ジャンケンで決めたり、船長から指示されるケースとまちまち。慣れないうちは操舵室横の胴の間に入ると、船長や仲乗りからの指示を受けやすく、釣りを覚えるにはいい。また揺れも少ない釣り座。

沖釣りの持ち物

釣行日が決まり、船宿に確認が取れたら準備にかかろう。下図の持ち物リストをチェックして、忘れ物のないようにしよう。

沖釣りデビューの前に知っておきたいコト:「船宿」の予約〜乗船方法持ち物リスト(作図:週刊つりニュース関東版 編集部

乗船する際に気をつけたいのが服装。海面の照り返しが強いうえ、船上は日陰がないので注意したい。特に日差しの強い日は暑くても長袖にするか、日焼け止めをしっかり塗ること。下は、釣りバリなどで怪我しないためにも長ズボンがオススメ。帽子やサングラスもあるといい。

足下は循環式で海水が流れていることが多いので、長ぐつは必須。ライフジャケット(救命胴衣)は必ず着用して乗船しよう。

クーラーには保冷剤や氷を入れておく。乗船料金に氷代が含まれることがあるので、その場合は出船前にもらっておくと、食料・飲料を冷やしておける。酔い止めの薬も忘れずに。

※写真は2019年以前に撮影

<週刊つりニュース関東版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年4月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。