魚探無くてもボート釣り堪能 海底地形が丸見えの『赤色立体地図』とは?

魚探無くてもボート釣り堪能 海底地形が丸見えの『赤色立体地図』とは?

陸っぱりアングラーの中で話題となっている『釣りドコ』に新しいサービスが登場。それが直感的に海底を理解できる『赤色立体地図』だ。東京湾観音崎の「なかね貸ボート店」での実釣を交えて紹介しよう。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版・佐藤理)

TSURINEWS編集部

船釣り ボート釣り

開始早々30cm超マアジ

コマセをまいて待つと、さっそくいいアタリがきた。クンクンと明確な引きで本命の予感。上がってきたのは、体高のある30cm超のアジ。いきなりの良型登場で、すぐさまポイントマーキング。

魚探無くてもボート釣り堪能 海底地形が丸見えの『赤色立体地図』とは?早々に良型アジがヒット(撮影:週刊つりニュース関東版・佐藤理)

ポイント狙い撃ちでマダイ

さらに、近くでアンカリングしていた別艇の高柳さんは、ハリス6mの仕掛けにオキアミを付けて狙ったところ、マダイをキャッチ。やはり、海底が尾根状になったポイントでヒットしたという。

魚探無くてもボート釣り堪能 海底地形が丸見えの『赤色立体地図』とは?マダイもヒット(撮影:週刊つりニュース関東版・佐藤理)

このように急に深くなったり、浅くなったりする場所は湧昇流が発生しやすく、魚のエサとなるプランクトンや小魚が多く集まる傾向にある。平面の等深線では、今ひとつ海底変化が分かりづらいが、同アプリはその名の通り、〝赤色〟なのでとても見やすい。

海底の地形変化を狙い拾い釣り

このあと、別艇ではメバル主体にカサゴや大型のウマヅラ。後藤さんはぽつぽつとアジを追加。潮が緩む11時すぎに小移動。周囲に注意しながらスローで沖にボートを進める。アプリの画面が黒色になっているポイントで、再びアジをメインに狙っていく。

魚探無くてもボート釣り堪能 海底地形が丸見えの『赤色立体地図』とは?地形変化を狙っていく(撮影:週刊つりニュース関東版・佐藤理)

周辺には何艇かの船外機舟がいて、この辺りが魚の着き場になっていることを表している。やはり、海底変化のある場所を狙うのが正解のようだ。

しかし、潮が緩んでミチイトが立つようになると魚の食いも一服。タナ5~6mを待ちの釣りで拾い釣り。

魚探無くてもボート釣り堪能 海底地形が丸見えの『赤色立体地図』とは?メバルやウマヅラもヒット(撮影:週刊つりニュース関東版・佐藤理)

午後は水深15m前後の浅場でカサゴ狙いと、引き続き沖のコマセ五目に分かれて実釣を行い、14時30分に帰着した。

魚探無くてもボート釣り堪能 海底地形が丸見えの『赤色立体地図』とは?常連の深山さんご夫婦の釣果(撮影:週刊つりニュース関東版・佐藤理)

次のページで赤色立体地図の今後の展開を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。