堤防エギングゲームで400g頭にコウイカ2匹 今後に好期待【熊本・宇城】

堤防エギングゲームで400g頭にコウイカ2匹 今後に好期待【熊本・宇城】

熊本県宇城市の三角港でコウイカが見え始めた。食べごろサイズが狙えるシーズンだ。良型のモンゴウイカを手中することができたのでレポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・松田正記)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

三角港でエギング

熊本県宇城市の三角港は西港と東港(通称)があり、いろいろな魚種が狙える。特にエギングでコウイカを釣る人は多く、春から初夏にかけてはモンゴウイカやミズイカ(アオリイカ)も交じりやすい。

堤防エギングゲームで400g頭にコウイカ2匹 今後に好期待【熊本・宇城】三角港周辺略図(作図:週刊つりニュース西部版APC・松田正記)

当日のタックル

3月末、午後8時すぎ、山本釣具センター宇土店でヘッドランプの電池などを購入。ついでに情報をたずねると「コウイカは小型がぽつぽつで、いまひとつ。モンゴウイカとミズイカの釣果はまだ聞かない」とのことだった。

堤防エギングゲームで400g頭にコウイカ2匹 今後に好期待【熊本・宇城】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・松田正記)

250gコウイカキャッチ

不安もあったが、西港から攻めてみた。エギは、ゆっくり沈下してイカに猛アピールするドローフォーを選び、フルキャスト後に着底。まだ水温が低く、イカの活性も低いことを予想し、小さいシャクリを2~3回入れた後はステイを長くしてアタリを待った。

3投目には250gほどのコウイカが水面を割り、立ち上がりは上々だ。

400g超モンゴウイカ浮上

しかし後が続かず、東港に移動。ここも同じ動作で探っていくうちに、ズッシリとした重量感が伝わってきた。

ドラグからラインがジリジリと引き出され、グイグイと沖に走る。落ち着いてやり取りし、慎重に寄せたのは400gオーバーのモンゴウイカだった。

堤防エギングゲームで400g頭にコウイカ2匹 今後に好期待【熊本・宇城】三角港でドラグ鳴らした400g超(提供:週刊つりニュース西部版APC・松田正記)

その後はアタリがなく、11時前に納竿。この日は2時間で2尾にとどまったが、良型に満足。

例年通りなら、これから日増しに釣果が上向くだろう。大物に備え、タモやギャフを用意して出かけたい。

<週刊つりニュース西部版APC・松田正記/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
三角港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年4月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。