ちょっとマニアックな『ライトゲーム』の話:習得必須の「L字釣法」

ちょっとマニアックな『ライトゲーム』の話:習得必須の「L字釣法」

ライトゲームにはL字釣法というものがある。リグを水平に動かす釣り方だ。ライトゲーム対象魚のすべてに有効なので、L字釣法は必ず習得しておきたい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

L字釣法が有効なシチュエーション

L字はやや早い釣りとなる。リトリーブと同じような釣り方だが、レンジが浮きにくい長所がある一方で、早い釣りではあるので、スローな食い方をする低活性の魚には適さない。

では、そのような若干早い釣りが有効となるシチュエーションは何か? 次の3つだ。

1. 明確なベイトフィッシュパターン

アジ、メバルがはっきりとベイトフィッシュを捕食しているパターンではL字が強い。メバルのベイトフィッシュパターンはリトリーブでも乗せきれるだろうが、アジは巻き取りで弾いてしまうこともあるので、L字を使った方が乗せやすい。

ちょっとマニアックな『ライトゲーム』の話:習得必須の「L字釣法」明確にベイトフィッシュを追っていたアジ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

2.高活性なプランクトンパターン

プランクトンパターンでも、パシャパシャとライズしているような高活性のときにはL字釣法をオススメする。やや大きめのクリア系やアミ系のワームと合わせて、すーっとL字に引いてくる方が、より神経質なサーチ力を要するレンジキープ釣法より簡単に釣れる。

3.風があるときのプランクトンパターン

釣り場に風が吹いているとき、特に横風はラインメンディングしにくい。そういうときには1gアンダーのレンジキープができない。しかし風は水面のプランクトンを運ぶし、どこかに滞留させる好要素でもある。そういう場所を見つけて探るときには、1g~1.5g前後のリグを使ってL字で誘うといいだろう。このウェイトとL字の早さなら、風速4mくらいまでは釣れる。

ちょっとマニアックな『ライトゲーム』の話:習得必須の「L字釣法」しけた海はファストなL字で攻略しよう(提供:TSURINEWSライター井上海生)

次のページでL字釣法の歴史や使用の変遷を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。