ちょっとマニアックな『ライトゲーム』の話:習得必須の「L字釣法」

ちょっとマニアックな『ライトゲーム』の話:習得必須の「L字釣法」

ライトゲームにはL字釣法というものがある。リグを水平に動かす釣り方だ。ライトゲーム対象魚のすべてに有効なので、L字釣法は必ず習得しておきたい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

「L字釣法」とは

「L字釣法」とは、水中で、リグを水平に動かす釣り方のことだ。

この言い方の由来について。「L」という字の形が釣り方とイメージを表している。「I」の部分がライン角度で、「_」の部分が、リグの動きだ。もう少し実際の釣り方に即して言うと、「↑」とサオを立てることで水平方向「←」にリグが戻ってくる。これがL字釣法である。

具体的に釣り方は、まず軽量リグ、1g程度をセット。キャストする。ラインスラックを取る。魚の気配がありそうなところまでレンジを入れる。そしてサオ先をじわーっと立てる。すると、リグが水平方向に釣り人の方へ戻ってくる。サオ先を立てきったら、空中に出すぎているラインスラックを取って少しサオを下げ、また立てて水平にリグをさびく。サオを立てるときに、軽くシェイクを入れてやってもいい。

ちょっとマニアックな『ライトゲーム』の話:習得必須の「L字釣法」サオ先を立てることでリグが手前に寄る(提供:TSURINEWSライター井上海生)

以上、非常に簡単な釣り方で、一定の空間にいる魚を、上下左右、ワームの面で探ることができる。

オープンウォーターに投げるとき、ワームのシルエットは2inch程度とやや大きめにすると乗せ切れなくてもアタリが出やすい。つまりコンタクトできる。そこからは微調整だ。

特定のポイント、レンジまで絞り込めているところでL字を使うなら、そこの魚が好きそうなワームのサイズ、カラーでいくといいだろう。

ここまで説明したが、「?」という方は、釣り場で実際に試してみてほしい(あるいはL字釣法の動画を見てほしい)。L字は試してみるとまさしく「L字」と感覚的にわかりやすいので、一度理解したら即そのまま使える。

次のページでL字釣法が有効なシチュエーションを解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。