ナマズゲームで70cm頭に本命3匹 スピンキャストリールで挑戦【愛知】

ナマズゲームで70cm頭に本命3匹 スピンキャストリールで挑戦【愛知】

愛知県稲沢市を流れる青木川へナマズ釣りに出かけた。下赤池橋下流~丹陽橋下流までを探り、70cmを頭に3匹の本命を仕留めた釣行をリポートする。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・丹羽祐介)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ ナマズ

青木川でナマズゲーム

現地には、午後1時ごろに到着。今回はスピンキャストリールでのナマズゲームだ。普段ならベイトリールやスピニングリールを使うが、手返しが良すぎて面白くない。そこで不慣れなスピンキャストリールを使って、何とかナマズを1匹でもキャッチし、このリールも一軍で使えるようにしたいところ。

このリールの最大の特徴は、向かい風でもバックラッシュしないこと。ただ使ってみて分かったことは、その引き替えに飛距離が出ない。

ナマズゲームで70cm頭に本命3匹 スピンキャストリールで挑戦【愛知】青木川のポイント風景(提供:週刊つりニュース中部版APC・丹羽祐介)

当日は下赤池橋下流~丹陽橋下流までを探る。水質はクリアで減水傾向。所々ボトムが見えている。まずは下赤池橋下流からスタート。ポイントは岸周りに点在するアシ際や中洲のよどみ、水中に繁茂しているウイード周りだ。

岩陰から62cmナマズ登場

取りあえずルアーはレーベルミノーF10Vのナチュラル系を選び、キャスト後軽くジャークさせて様子を見る。ミノーやクランクベイトにはリップが付いているので、ある程度の障害物回避性能は備えている。岩などに当てればヒラ打ち効果が得られ、ウイードに絡ませてから切るのも面白い。それとフックをトリプルからダブルに替えてみたり、ウェイトバランスを調整してみたりするのもいい。

すると岩陰からナマズが飛び出しバイトした。すかさずフッキング。しかし久しぶりのスピンキャストリールで、ドラグ調整の仕方を忘れてしまい、魚に走られてしまった。なんとかドラグ調整し、魚をランディング。62cmのナマズだった。

自作スピナーで攻める

次に日吉橋周辺へ移動。ここは橋下から下流にかけて流れがあり、岩や岸際のシェードが主なストラクチャーだ。ここでは55cmを追加しただけでサイズアップしなかったため、最後に丹陽橋周辺へ移動した。

ポイントに着くと、所々で水しぶきが上がっている。見るとたくさんのコイが産卵でハタキをしているようだ。水質はスティンに変わり、レーベルミノーF10Vのアピールで探ってみる。ボトムにはウイードが生い茂り、どこから飛び出してきてもおかしくないが、ルアーを通してみても反応はない。ナマズ君はお留守なのかと思いながら、自作のスピナーに交換して再キャスト。

次のページで70cm大型ナマズ登場!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。