津久井湖で「ボートワカサギ」快釣 底釣り中心に467尾【沼本ボート】

津久井湖で「ボートワカサギ」快釣 底釣り中心に467尾【沼本ボート】

12月14日、神奈川・相模原市にある津久井湖へワカサギ釣行。食い渋りの中でポイントを探り、結果的に467尾と楽しめたのでレポートしたい。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・なおぱぱ)

なおぱぱ

ライター紹介文→関東を中心に季節問わず1年中釣りを楽しんでおります。執筆しながら色々と成長をしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

×閉じる

淡水の釣り ワカサギ釣り

津久井湖でワカサギ釣り

今回の船宿は津久井湖にある沼本ボート。同店ではボートでのワカサギ釣りが可能だ。津久井湖最上流域に位置しており、ポイントも比較的近い、ボート桟橋から手漕ぎで20分以内の場所での釣りがメイン。船長自身が例年ワカサギ孵化作業も手掛けており、放流数も1億粒と多く、いつもながら同地での釣果も安定している。

船長も釣りをしながら、刻々と変化していく状況を把握している。そのため釣れている場所を的確に教えてくれるので、我々釣り人にとっても心強く安心な船宿である。

実績の12番ロープへ

今回は6時30分と、少し早めの現着。船頭に状況を教えて貰うと、現在は最下流エリアの11番ロープから13番ロープまでが狙いであるとのこと。私は前回、12番ロープで爆釣できたこともあり、迷わず12番ロープへとボートを漕いで向かった。

津久井湖で「ボートワカサギ」快釣 底釣り中心に467尾【沼本ボート】12番ロープエリア(提供:WEBライター・なおぱぱ)

当日のタックルは自作先調子竿35cmに延長アダプターを取り付けた電動リール。今回は電動リールに高比重のハイテクワカサギラインを巻いて実釣。仕掛けは自作9本バリ(袖1号)と下バリ構成、オモリは3号でエサは紅サシを3袋用意した。

前回同様に魚探を掛けてポイントを確認していく。現在、津久井湖の水位が下がっているようなので、深場が釣れるだろうと12番ロープの真ん中辺りにボートを係留した。朝イチはワカサギ釣り師がトンネルロープや13番ロープに集中していた。前回の経験だと、こちらは14時前には群れの入りが止まることを考慮して、ワンド寄りに移動する考えでタックルを準備した。

11番ロープへ移動

準備中に濃い群れが通り、魚はヤル気に見えたので、中層を中心に群れをとらえていく。やはり「12番ロープは間違いないな」と、30分くらいはウハウハ状態である。

だが魚影の割には掛かりが悪く、明らかに前回のような多点祭りが少ない。それでも8時15分で113尾なので、続行していると反応がだんだん薄れていくことに…。そして9時36分で204尾になるも、魚探から反応が消えてしまった。

そして、常連も魚探を掛けながらいろいろポイントを探っている。私も動かないとまずい状況なので、前日に一番釣れた11番ロープエリアへと移動を決めた。

津久井湖で「ボートワカサギ」快釣 底釣り中心に467尾【沼本ボート】11番ロープエリアの風景(提供:WEBライター・なおぱぱ)

底釣りで316尾

現在の最下流エリアなので12番ロープからでも10分掛かるのだが、ポイントも離れているので釣れる可能性は高いだろう。到着してみると濃い反応があり、底釣りも楽しめそうな感じだ。

朝イチからココへ来ていれば…と後悔するくらいだった。時間的にもまだ間に合うだろうと13mの底釣りを楽しみながら、たまに中層の足早な群れを追いつつ12時30分で316尾となんとか数は増えていった。

津久井湖で「ボートワカサギ」快釣 底釣り中心に467尾【沼本ボート】13mラインの底釣りが楽しい(提供:WEBライター・なおぱぱ)

次のページで移動先でデカサギ連発!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。