「ワカサギ釣り」の仕掛けを自作しよう 台紙作成でまるで市販品に

「ワカサギ釣り」の仕掛けを自作しよう 台紙作成でまるで市販品に

今回は、自作ワカサギ仕掛けの作成手順を紹介。自作した道具でワカサギが釣れると、釣れたときの喜びはさらに大きくなるだろう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・なおぱぱ)

なおぱぱ

ライター紹介文→関東を中心に季節問わず1年中釣りを楽しんでおります。執筆しながら色々と成長をしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

×閉じる

淡水の釣り ワカサギ釣り

ワカサギ仕掛けの重要性

ワカサギ釣りでかなり重要な要素となる「仕掛け」は、スナップとイトとハリにより構成される。とはいえ、釣場ごとの勝手や日々の状況変化によりパターンも使い方も様々だ。各釣具メーカーから発売されている色んな仕掛けを、使い分けることが釣果アップにつながるだろう。

ワカサギ仕掛けは釣果に直結する、かなり重要なものであることは間違いない。その重要なモノを自作して釣れた時の喜びは大きく、試行錯誤を繰り返して釣場ごとに作成し、使い分けるのもまた面白い。

重要なのは全長、針数、号数などをすべて自身で決めて作成できる点だろう。同時に、釣場ごとの釣り方の経験を積むことができて、スキルアップにもつながるのだ。

費用を抑えられる

また、市販仕掛けばかりを買うと、意外と費用がかかるワカサギ釣り。近年素晴らしい仕掛けが山ほどあり、確かに釣れる仕掛けばかりである。しかし自作すると、初期費用の方が断然安く済むのだ。

筆者は「1シーズンの釣行が平均15回程度」とワカサギ釣り師としては比較的少ない方である。仕掛けは、50枚程度用意すれば足りるうえに、例年前シーズンの残り在庫を使いながら自作仕掛けも使用する。

自作仕掛けのみ使用していた数年前のシーズンは、市販品は購入せずに事足りていたほどだ。つまり、仕掛けを作れば作るほど、釣りに行けば行くほどお得となるわけである。

必要な道具&材料

最初は慣れが必要であるが、そこまで自作は難しくはない。

材料としては、ハリス、針、スナップ、仕掛け台紙、カードサイズの保護袋あたりだ。用意する道具は、針結び器、定規、ハサミ、カッターがあれば作成可能である。

「ワカサギ釣り」の仕掛けを自作しよう 台紙作成でまるで市販品に用意するもの(提供:WEBライター・なおぱぱ)

ワカサギ仕掛けの自作手順

以下に私の作成方法を記述するので、参考にしてみてほしい。

仕掛け本体の作成

1)仕掛け構成に必要な針数分をハリス全長を考慮して長めに結ぶ。

「ワカサギ釣り」の仕掛けを自作しよう 台紙作成でまるで市販品に針結び器が便利(提供:WEBライター・なおぱぱ)

2)幹糸先端にスナップを結んで先端を固定する。

3)自身で決めたハリス間隔の位置に、針を結んだハリスを八の字結びで固定したのち、さらにハーフヒッチを数回しておく。

「ワカサギ釣り」の仕掛けを自作しよう 台紙作成でまるで市販品にハリスを固定(提供:WEBライター・なおぱぱ)

4)3)を針数分ほどこなしたら終端にスナップを結んで完成。

仕掛け台紙の作成

1)家電量販店または100均で厚めのA4光沢紙を購入する。

2)PCのエクセルで仕掛け表記データを入力する。

「ワカサギ釣り」の仕掛けを自作しよう 台紙作成でまるで市販品にエクセルで表記データを作成(提供:WEBライター・なおぱぱ)

3)データ入力したらお好みで外観作成する。

4)プリンターで印刷したら切り分ける。

「ワカサギ釣り」の仕掛けを自作しよう 台紙作成でまるで市販品にプリンターで印刷(提供:WEBライター・なおぱぱ)

5)台紙に針数分+1ほど切り込みを入れて完成。

仕掛けと台紙を組み合わせる

1)完成仕掛けを切り込み入れた仕掛け台紙に付けていく。

2)すべて台紙に付けたあとはカードサイズの保護袋に入れる。

3)裏にセロテープで止めたら自作仕掛けの完成だ。

「ワカサギ釣り」の仕掛けを自作しよう 台紙作成でまるで市販品に完成品(提供:WEBライター・なおぱぱ)

次のページで「自作仕掛けのメリット」紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。