沖縄生まれのシンプルルアー『オモック』 釣れなさそうなのに釣れる?

沖縄生まれのシンプルルアー『オモック』 釣れなさそうなのに釣れる?

オモリとフック(釣りバリ)だけのシンプルルアー「オモック」はルアー界のシンプルイズベスト!今回はそんなオモックの使い方を紹介します。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・杉浦永)

Haruka_Sugiura

普段はボートからのベイフィッシングゲームがメインで、愛知県の衣浦港・衣浦マリーナから20フィートほどの湾内専用ボートで出船しています。シーバス・クロダイ・ロックフィッシュなど魚種を問わず、シーズナルゲームを楽しみながら、狙える魚は全て狙うスタンス。釣りの以外にも旅行を趣味として、歴史を学ぶのが好きです。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

オモックの発祥

沖縄県の伊是名島の漁師さんから教えていただいたお話ですが、オモックの歴史は沖縄本島から伊是名島にやってきた釣り人が、オモリにハリを付けただけの仕掛けを持ち込んだところ、魚がよく釣れることが証明されて広まったそうです。伊是名島では「チョンチョン釣り」という名前で呼ばれています。

仕掛けの基本は、ナス型オモリにシングルフックのみ。ワームで直リグ型にしてみたり、ブレードを付けたりもしてみましたが、オモリとハリだけが1番よく釣れたように感じます。

初めて見た人は誰もが「こんなルアーで釣れるわけない…」と思うこと間違いなし。しかし、実際使ってみると普通のルアーと同じくらいの釣果、またはそれ以上の釣果を生むこともあります。

沖縄生まれのシンプルルアー『オモック』 釣れなさそうなのに釣れる?オモリとハリだけなのに魚が釣れる(提供:WEBライター・杉浦永)

オモックの釣り方

釣り方もシンプル。バーチカルにオモックをリフト&フォールさせて狙います。中層に魚がいる場合は、スローピッチジャークでフォールを長めに入れるのがオススメです!

個人的には、ロッドグリップからエンドまでは腕に添えてロッドを構えることで、腕だけでロッドを持ち上げたり、フォールさせたりできるので、操作性が高いように感じます。

釣果を得るためのワンポイントは、フォール時に意識を集中することです。落ちてくるものに反応する魚種は多いので、ラインテンションを一定に保ちながら、素早くフォールさせていくことで、小さいバイトから大きなバイトまで拾っていきます!

オモックで釣れる魚

以前の釣行で釣れた魚種は、ナガジューミーバイ、アカハタ、カワハギ系多数で、小型~中型クラスの根魚が多くヒットしました。

オモックの性質や釣れた魚種から考えると、シルエットの小ささからマダイやハマチ。フォール重視型であることからカンパチ。根魚系のカサゴ、キジハタなども狙えるのではないか?と推測しています。

オモック特有の高速フォールが、リアクションバイトを誘うのかもしれません…。

沖縄生まれのシンプルルアー『オモック』 釣れなさそうなのに釣れる?カワハギ系の魚もヒット(提供:WEBライター・杉浦永)

次のページでオモックの長所と短所を解説

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。