【東京湾2020】人気沸騰中『バチコンアジング』解説 大型狙いに好適

【東京湾2020】人気沸騰中『バチコンアジング』解説 大型狙いに好適

近年、人気が高まり続けているアジング。今回は、その一種でもある「バチコンアジング」の魅力を紹介しよう。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 渡邉長士)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

バチコンアジングとは

アジは陸っぱりから沖釣りまで様々な釣り方があり、老若男女に愛されている。近年、特に人気が高まり続けているのがルアーで狙うアジングだろう。ワームを使った「アジング」は使うタックルがライト、生エサを使わないので手軽だ。

簡単に数釣りができることはあるが、状況に合わせた攻め方をしないとまったく釣れないことがあり、少しの違いで釣果に大きな差がでて奥深い。

【東京湾2020】人気沸騰中『バチコンアジング』解説 大型狙いに好適バチコン用リグ(提供:週刊つりニュース関東版 渡邉長士)

そのアジングの仲間に加わったのが、これまでにTSURINEWSでも何度か紹介した「バチコン」。バーチカルとコンタクトを合わせた造語で、船からバーチカル(タテ)に落としてアジにコンタクトさせるという意味。

難しそうに思うかもしれないが、胴突き仕掛けのエサの代わりにジグヘッドとソフトルアーを付けたようなもので、ルアー用語では「ダウンショットリグ」だ。

バチコンアジングの魅力

福井県や三重県が発祥と言われ、全国に人気が広がっている。東京湾でのバチコンはLTアジ船に同乗するのが主流。福井や三重ではナイトゲームが多いが、東京湾では明るい時間帯に楽しめる。

コマセもエサも使わないので汚れやニオイが少なく、ポイントの水深は10~30mの浅場が多く、タックルはライト。ビシのような仕掛けがないのでダイレクトな引きを楽しめ、陸からでは出会うことが難しい30cmを超える良型がヒットすることが珍しくない。

アジングと同様にアクションやソフトルアーのカラーなど、少しの差で釣果が大きく変わる繊細な一面がある。船長がポイントを選んでくれる船釣りでは船下に魚が確実にいるため、アタリがない時はどう工夫して食わせるかつい熱くなってしまう。

バチコンアジングのタックル

6~7ftのスピニングロッドにリールは2000番。専用竿は販売されているが、アジやメバルのキャロ用ロッド、バスロッド、キス竿、カワハギ竿、ひとつテンヤ竿などが流用できる。

【東京湾2020】人気沸騰中『バチコンアジング』解説 大型狙いに好適タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 渡邉長士)

ラインはPEライン0.4号、リーダーはフロロカーボンライン2号1~1.5mで先に三つ又サルカンを結ぶ。枝スはフロロカーボンライン1.5号を10~20cmに0.3~0.5gのジグヘッドを結んだ。捨てイトはフロロカーボンライン2号1.5mほどで、その下にスナップスイベルを結び、3~10号のナス型オモリを付ける。

バチコンで使うワーム

ソフトルアーのカラーで大きく反応が変わることが多い。アタリのない時はこまめにカラーチェンジをするのが数を伸ばすコツだ。

【東京湾2020】人気沸騰中『バチコンアジング』解説 大型狙いに好適ワームはこまめにカラーチェンジ(提供:週刊つりニュース関東版 渡邉長士)

バチコン釣り方の基本

オモリを着底させたらあまり浮かさない程度にアクションさせ、イトを張らず緩めずの状態で5~10秒アタリを待つ。そのほか、シェイクしながらの巻き上げや、オモリが着底した状態からさらにラインを送り、ジグヘッドをフォールさせる”ゼロテン”など様々なパターンを試して、反応はいいアクションを探ろう。

アタリは、高活性のひったくるような強い反応から低活性の微妙な違和感までさまざま。いずれにしてもアタリには即アワセが基本。数を伸ばすためには小さな反応を捉えられるかが重要になる。

次のページは実釣編でデカアジ登場!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。