自宅生活をちょっと楽しく:ヘラウキを自作 最終仕上げ編

自宅生活をちょっと楽しく:ヘラウキを自作 最終仕上げ編

新型コロナウイルス感染がなかなか終息しない昨今。こんな時こそ、自宅でウキ作りに挑戦してみてはどうだろうか。今回は最終回。いよいよ完成編だ。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 麻生雅彦)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

いよいよ自作ヘラウキが完成

今回は最終回でいよいよ完成。世界でひとつだけのヘラウキだ。

ボディの仕上げ&塗装編をお届けしよう。

自宅生活をちょっと楽しく:ヘラウキを自作 道具紹介&ボディ作成編

自宅生活をちょっと楽しく:ヘラウキを自作 研ぎ出し&塗装編

化粧巻き

ボディー塗装を終えたあと、仕上げとして銘を入れたり、ボディーの両先端に金・銀色などの細い線(化粧巻き)を施したりするとグッと見栄えがアップする。これらの作業には、水性の顔料インクや耐水性に優れたポスターカラーマーカーの細・極細を使用すると簡単。

自宅生活をちょっと楽しく:ヘラウキを自作 最終仕上げ編化粧巻きの線を入れる(提供:週刊つりニュース関東版 麻生雅彦)

化粧巻きは、ウキを回転させながらペンを当てると美しく描ける。モーターで回転させる工具を自作する人もいるが、簡単なのは段ボールで支えを作って、トップや足を掛けてゆっくり回転させながら線を入れる方法。

自宅生活をちょっと楽しく:ヘラウキを自作 最終仕上げ編ウキを回転させながら描く(提供:週刊つりニュース関東版 麻生雅彦)

ウキの保護塗装

化粧巻きや銘入れが完成したら、耐水性や紫外線保護のためにウレタン塗装をする。釣具店などで販売されている透明なウレタン塗料を、説明書通りの比率で混ぜて、ウレタン用うすめ液で希釈してボディーと足に塗る。

自宅生活をちょっと楽しく:ヘラウキを自作 最終仕上げ編ウレタン塗装(提供:週刊つりニュース関東版 麻生雅彦)

塗り終わったらトップ先端をテープで巻き、洗濯ハンガーにテープを挟んで吊るし一日乾燥させる。

自宅生活をちょっと楽しく:ヘラウキを自作 最終仕上げ編洗濯物ハンガーに挟んで塗装(提供:週刊つりニュース関東版 麻生雅彦)

乾燥したら耐水ペーパー(800番くらい)で水をつけて磨く。ウレタン塗装の行程をもう一度施して、さらに一日乾燥させる。湿度が高い時や気温の低い時期は二日ほどかける。

ボディーの仕上げ作業

耐水ペーパー(細目の1500~2000番)で水を付けて磨いて、表面を滑らかにする。そのあと研磨剤のコンパウンド(白極細目、木工用)を布などにつけて、ボディーと足を磨いて光沢を出す。

自宅生活をちょっと楽しく:ヘラウキを自作 最終仕上げ編コンバウンドで磨く(提供:週刊つりニュース関東版 麻生雅彦)

これでボディーと足は完成。

次のページでトップの塗装について解説

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。