渓流エサ釣りでヤマメを狙う 30cmオーバー浮上で破顔【岩岳川】

渓流エサ釣りでヤマメを狙う 30cmオーバー浮上で破顔【岩岳川】

3月8日は雨のち曇り、前日からの大雨で、川の水が増え、いつもよりかなり水量が多いが、シーズンが始まったばかりのヤマメを求めて岩岳川(福岡県豊前市)に行きました。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

岩岳川でヤマメ釣り

今シーズンからヤマメ釣りに挑戦を始め、今日は3回目のトライになりますが、ヤマメの姿を見るために頑張ります。雨が小降りになるのを待って午前10時すぎに中流の近くに駐車場があるポイントから釣り上がって行くことにしました。

雨で水量が増えていてなかなか入れたいポイントに仕掛けを入れることができない。水温も下がったのか、水がいつもより冷たく感じます。

渓流エサ釣りでヤマメを狙う 30cmオーバー浮上で破顔【岩岳川】当日の仕掛け(作図:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

岩影に仕掛けを流していくとラインが僅かに引かれた気がしたのでサオを少し上げてみると軽い手応えがあります。そのまま上げてみると姿を現したのはハヤ。

おいしい魚ではあるが私の持っている漁券はヤマメのみなので、楽しませてくれてありがとうとそのままリリースしました。

ハヤの猛攻に苦戦

近くのポイントを探るもハヤの猛攻で1投1尾で上がってくるので、仕方なくポイントを移動しました。

上流付近まできてもハヤやアブラハヤばかりが釣れて、肝心のヤマメの姿を見ることができないので、もう一度、中流付近に戻って比較的足場のいいポイントを攻めてみることにしました。

渓流エサ釣りでヤマメを狙う 30cmオーバー浮上で破顔【岩岳川】釣り場の風景(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

30cm超えヤマメをキャッチ

ハヤの群れや大きなコイがいる場所を避けながら流れに沿わせて仕掛けを入れていくと、ストンとラインが引っ張られたのでフッキング、いいサイズの手応えに思わずニッコリ、引き上げてみると30cmオーバーのヤマメです。やっと出会えた1尾、しかも今までで1番のサイズに思わず笑顔があふれます。

ここから少し粘るもハヤばかりで納竿しました。シーズンがスタートしたばかりのヤマメ釣り。エサ釣りなら初心者でも釣りやすいみたいです。

<週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
岩岳川
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年4月3日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。