伊藤さとしのプライムフィッシング【粒戦細粒はわき役なの?:第4回】

伊藤さとしのプライムフィッシング【粒戦細粒はわき役なの?:第4回】

伊藤さとしのプライムフィッシング。テーマは「粒戦細粒はわき役なの?」。今回は「まぶし粉代わりに使うと面白いよ」を、お届け。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

粒戦細粒をグルテンにまぶす

ちょっとエサを重くしたい時に『粒戦細粒』をパラパラ。つまり即効性がある”調味料”として使えるわけだが、なにも用途はバラケだけではない。

伊藤 さとし

「よく使われるのがまぶし粉代わりだよね。たとえばグルテンにまぶしたりね」

それ、私もよくやります。けっこう効果的ですよね。

伊藤さとしのプライムフィッシング【粒戦細粒はわき役なの?:第4回】粒戦細粒の使い方はさまざま(提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)
伊藤 さとし

「バラケを打つほどではないけど、ちょっと魚を寄せたいと感じた時には便利だよね。だって、まぶす(表面に付着させる)だけなんだから」

計量カップなどに細粒を入れて、ハリ付けしたグルテンをカップに投入してシャカシャカ振る。これだけでいいですもん。ラクチンですよ。

伊藤さとしのプライムフィッシング【粒戦細粒はわき役なの?:第4回】グルテンにまぶしてもOK(提供:週刊へらニュース 編集部)

でも表面に付着させるだけでなく、そもそもグルテンに混ぜ込むのはナシですか?

伊藤 さとし

「それもいいんじゃない。たとえばグルテンと『粒戦細粒』を粉の段階でよく混ぜ合わせて、その後に水を投入する。開きや軽さを重視しないタッチだったら大いにアリ。ただし『粒戦細粒』を入れると水の分量が変化するから、そのへんは要注意だね」

では、でき上がっているグルテンに『粒戦細粒』を押し込むのはダメですか?

伊藤 さとし

「練って使いたいような釣況なら問題ないんじゃないかな。『粒戦細粒』を差し込むってことは、グルテンに圧をかけることになるでしょ。それでも問題ないケースならOK、でもやり過ぎには注意。グルテンの特性を失わない程度に、ほどほどにってことだね」

粒戦細粒のデメリットは?

では逆に『粒戦細粒』を使うことによるデメリットはありますか?

伊藤 さとし

「余計な魚が寄りやすいことかな。ペレットは集魚力がいい。だからヘラだけでなく、別の魚も寄ってきてしまう。とくにコイや小マブが多い所では、あまり使わないほうがいいかもね」

単純に白いグルテン(集魚剤があまり入っていないグルテン)だけのほうがいいってことですか?

伊藤 さとし

「そうだね。たとえばヘラの魚影が薄くて、他魚の密度は濃い。そのような釣り場では、白いグルテンだけでもヘラ以外の魚がエサを突っついてバラけさせてくれる。そんな釣況では『粒戦細粒』を使う意味が薄れるし、むしろデメリットになりかねない」

簡単に使えるけど、シチュエーションは万能ではないってことですね。

伊藤さとしのプライムフィッシング【粒戦細粒はわき役なの?:第4回】いいヘラを寄せて釣ろう(提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)
伊藤 さとし

「そうだね。ただ、とにかく手軽に目先のエサを変化させられることは事実だから、結果を恐れずにとりあえず『粒戦細粒』を足してみる方法は大いにありだと思うよ」

『粒戦』と『粒戦細粒』はセットのバラケで使うとばかり思ってましたが、こうしてみると意外にも使用範囲は広いことに気づきました。これから春の底釣りに向けて、大いに使ってみようと思います。

伊藤 さとし

「欲張って『粒戦細粒』を入れ過ぎないようにだけは注意してね(笑)」

次回は「端境期に効くグルダンゴ」です。

【粒戦細粒はわき役なの?:第1回】を読む。

【粒戦細粒はわき役なの?:第2回】を読む。

【粒戦細粒はわき役なの?:第3回】を読む。

<週刊へらニュース 伊藤さとし/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
三和新池
この記事は『週刊へらニュース』2020年月3日27号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。