伊藤さとしのプライムフィッシング【粒戦細粒はわき役なの?:第3回】

伊藤さとしのプライムフィッシング【粒戦細粒はわき役なの?:第3回】

伊藤さとしのプライムフィッシング。テーマは「粒戦細粒はわき役なの?」。今回は宙の両ダンゴにも使える方法を紹介しよう。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

用途多彩な粒戦細粒

『粒戦細粒』のパッケージ(裏書き)には次のように書かれている。

「用途多彩」具体例として
①セットのバラケに
②両ダンゴに
③グルテンにまぶして
④『粒戦』の調整に
⑤食い渋りに

伊藤さとしのプライムフィッシング【粒戦細粒はわき役なの?:第3回】『粒戦細粒』のパッケージ(提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)

これを見て驚いた人も多いのではないか。①は基本的な使い方だ。③も厳寒期の両グルテンで威力を発揮するエサ使いであり、広く釣り人の間でも浸透している。だが②や④はどうか。「えっ、そうだったの?」と感じなかっただろうか。少なくとも記者はそう思った。両ダンゴに『粒戦細粒』。違和感ありありなのだが…。

両ダンゴに粒戦細粒

伊藤 さとし

「そもそも両ダンゴのシーズンになると『粒戦細粒』だけでなく、『粒戦』そのものを準備していないことのほうが多いよね。つまりエサバッグの中に入っていない」

それはやはり、あえての必要性を感じないからでは。と言うのも長年、伊藤さんをはじめ数多くのインストラクターを取材をしてきましたが、両ダンゴに『粒戦細粒』を入れた人は記憶にないですし。

伊藤 さとし

「そりゃあ記者さんの経験値不足だな。たしかに両ダンゴのシーズンにはあまり目にしないエサけど、まったく使われないわけじゃない。底釣りなら盛期でも使用している人を見かけるしね」

でもなぜ裏書きには、両ダンゴにもと書かれているのでしょうか?

伊藤 さとし

「それはもちろん、必要とするシチュエーションがあるからでしょ」

伊藤さとしのプライムフィッシング【粒戦細粒はわき役なの?:第3回】セット釣りのバラケ以外にも使い道は多数ある(提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)

粒戦細粒を必要とするシチュエーション

具体的には?

伊藤 さとし

「ここ一番でエサを重くしたい時かな。たとえば、小分けしたダンゴエサに『粒戦細粒』をパラッと差し込む。これだけでエサに比重がつくからね」

『ダンゴの底釣り夏』や『ペレ道』ではダメですか?

伊藤 さとし

「麸系だと、たとえどれほど重いエサでも、練り込まないかぎりエサの舞い上がりは避けられない。でもペレット顆粒なら、練らずとも重くなる。つまりエサの開きにあまり影響を与えず、重さだけを加えることが可能になるってことだね」

なるほど。それは面白いですね。

重くしたいが練りたくない場面に有効

伊藤 さとし

「使用例としての代表格をあえてあげるなら、やはりペレ宙じゃないかな。ペレット特有の重さと集魚力を生かしつつ、重さだけを加える。逆の見方をするなら、余計な麸エサは入れたくないけど重くはしたい。そんな時に『粒戦細粒』を生粒のまま、小分けしたエサに適量差し込めばいい。つまり即効性があるってことだね」

何だかそう言われると、使わないほうがもったいない感じですね。

伊藤 さとし

「でしょ。だけど正直言って、エサをそこまで重くしたくなる場面って意外に少ない。だからシチュエーションとしてはかなり限定される、ってことなんだと思う」

単純に今のエサをすぐに重くしたい。だけど練り込みたくはない。そのような場面では使ってみて損はない。そういうことですね。

伊藤さとしのプライムフィッシング【粒戦細粒はわき役なの?:第3回】重くしたいが練りたくない場合に有効(作図:週刊へらニュース 伊藤さとし)

集魚力がジャマになるシーンも

伊藤 さとし

「そうだね。ただしペレットの集魚効果が逆にジャマになるシーンもあるから、そういう時は使い方を考えたほうがいいかもね」

ジャマになる?

伊藤 さとし

「たとえば、ジャミが多いとかね。あとは余計な魚をあまり寄せたくないとか。ペレットの集魚力はそれほど強力なものだから、ジャミの多い釣り場では使い方に注意したほうがいいよね」

伊藤さとしのプライムフィッシング【粒戦細粒はわき役なの?:第3回】細粒入りバラケで釣り込む(提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)

次回も「粒戦細粒はわき役なの?」です。

【粒戦細粒はわき役なの?:第1回】から読む。
【粒戦細粒はわき役なの?:第2回】から読む。

<週刊へらニュース 伊藤さとし/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
三和新池
この記事は『週刊へらニュース』2020年月3日20号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。