磯フカセ釣りで43cm1.3㎏美形口太グレ手中【千葉・洲崎別荘下】

磯フカセ釣りで43cm1.3㎏美形口太グレ手中【千葉・洲崎別荘下】

関東に春一番が吹いた翌日の2020年2月23日(日・祝)、南房に上物狙いでフカセ釣行した。我慢の釣りで43cm1.3kg口太グレを手中に出来た。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・澤田朝寛)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

通称「別荘下」でフカセ釣り

西風が強いものの、夕方には止むという予報なので、午後からスタートする計画。大潮で16時半ごろ満潮になる。

15時ごろに南房方面に到着。何カ所か釣り場の様子を見て回ると、まだ西風は残っているが、予報通り徐々に弱くなっている印象。

洲崎の通称「別荘下」では、西風がやや吹いているが、背面からでフカセ釣りには問題ないのでここに決める。

溝と溝の間を狙うのがセオリー

ここでは、釣り場に平行していくつも沈み根を形成する溝があり、溝と溝の間を狙うのがセオリー。明るいうちに地形を把握しておいて、仕掛けとコマセの準備をする。

磯フカセ釣りで43cm1.3㎏美形口太グレ手中【千葉・洲崎別荘下】洲崎別荘下の釣り場風景(提供:週刊つりニュース関東版 APC・澤田朝寛)

コマセはオキアミ3kgに対してマルキユーの配合エサ「爆寄せグレ」を1袋。付けエは生オキアミ。

溝以外は水深が極端に浅いので強風に仕掛けが流されないようにウキには自重がある「征黒」を使った2ヒロ(3m)の半遊動仕掛けで開始。

沈み根狙ってアタリ

潮は思ったよりも濁りがなく厳しそうで、ウキを目印にしてコマセをまくが、しばらくアタリなし。エサはそのまま残ってくるが、コマセが効きだし釣れることを信じて辛抱強く待つ。

磯フカセ釣りで43cm1.3㎏美形口太グレ手中【千葉・洲崎別荘下】当日のタックルとポイント周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版 APC・澤田朝寛)

予報通りに風が弱くなり、仕掛けの操作がしやすくなってきたので、沈み根をピンポイントで狙うと、待望のアタリ。ウキがユラユラと消えていき慌ててアワせると竿が大きく絞り込まれる。沖に向かって走る魚を強引に止めて、ゆっくりと浅瀬へ誘導。しかし上がってきたのはアイゴでガッカリ。

43cm1.3kg口太が浮上

それでも、エサ取りすらいなかった状況でのヒットなので「コマセが効いてきた」と思い集中。

沈黙の時間が続いていたが、沖を漂っていたウキが静かに沈み始め、仕掛けを十分送り込んでからアワせるとヒット。重量感があるため良型を確信。慎重に寄せると、美形メジナの姿を確認。滑る足元に注意してタモ入れに成功。検量すると43センチ1.3kgの口太。

時合いを意識して手早くバッカンにキープして次を狙うがアタリは続かない。日没をすぎてウキが見えなくなってきたころ、満潮とウネリで波が高くなってきたので、安全を考えて足場を奇麗に洗ってから納竿した。

▼交通…館山道富浦IC~R127~房総フラワーライン利用

<週刊つりニュース関東版 APC・澤田朝寛/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
栄の浦港周辺
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年3月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。