ティップランエギングでアオリイカ3尾 ケイムラがアタリ【きずなまりん】

ティップランエギングでアオリイカ3尾 ケイムラがアタリ【きずなまりん】

2月24日、大潮。佐賀県肥前町・星賀港から出船中の「きずなまりん」を利用して、伊万里湾でティップランエギングを楽しんできた。

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週間つりニュース西部版 APC・吉川徹)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

「きずなまりん」でティップラン

午前6時30分「きずなまりん」でティップランエギングへ出船、久々の海域だ。今回は、初めて2号艇・たまき船長にお世話になった。朝の外気温4度はさすがに寒いが、昼間は17度まで上がる予報。

水深約30m。まずはエギ王TR3.5号のオレンジゴールド+TRシンカー7グラムからスタート。風潮ともにいい感じ。だが、アタらない。「この寒さで、アオリイカも食い渋っているみたいですね」と、たまき船長が言っている。

ポイントを移動。風がなくなり、シンカーを外した。早速、同船者の山下さんにレギュラーサイズがヒットするが後が続かない。魚探を見ながら、船長もラン&ガンを繰り返してくれる。

ケイムラ系エギでヒット連発

エギのカラーを、ケイムラボディのミステリーパープルにチェンジ。潮も1ノットほど流れているそうなので、15gのシンカーをセット。シャクリスピードをスローに幅も短めで、エギをあまり動かさないイメージでしてみた。すると、ツンッとサオ先が入る心地よいアタリ。先ほど、山下さんが釣ったレギュラーサイズと同サイズだった。

ティップランエギングでアオリイカ3尾 ケイムラがアタリ【きずなまりん】当日のタックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹)

やはりケイムラ系だと思い、試しにエギ王Kケイムラの新色・モエモエグリーン(春のキャスティングシーズンまで使わないつもりだった〈笑〉)にシンカー20gを追加してみた。

すると、まるで絵に書いたようにアタった。レギュラーサイズをキャッチ。

アワセミスも・・

日も昇り、気温も上昇し暑い。ネックウォーマーとグローブを外した。

この際にと思い、さらに同エギのスケスケキャンディにチェンジ。しばらく我慢の時間。夜勤明けで来た私集中力が途切れ・・・。油断していた時に限って、サオ先を引ったくるアタリ。もちろんアワせられず(涙)。

その後、同カラーでも同サイズをキャッチ。

最終釣果

終わってみればアオリイカ3匹キャッチ。良型を1匹バラしたが、悔やまれる1匹だった。船中全員安打。レギュラーサイズ中心だったが、アタリの小ささとテクニカルな釣りが要求される2月の釣り。この日も良い勉強となった。

1号艇の安井船長が、「今シーズンはオフシーズンがなく春のキャスティング(ボートエギング)シーズンを迎えられそうだ」と語っていた。

また足を運び、テクニックを磨きたいと思う。

<週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹 /TSURINEWS編>

▼この釣り船について
きずなまりん
出船場所:星賀港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年3月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。