日立沖テンヤマダイ釣行で船中本命全員安打 好ゲストも顔見せ【弁天丸】

日立沖テンヤマダイ釣行で船中本命全員安打 好ゲストも顔見せ【弁天丸】

3月1日(日)、茨城日立会瀬港の弁天丸からテンヤマダイ釣りに出かけた。マダイ全員型を見て1.0kg頭に1~4尾。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・西山忠昭)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

弁天丸でテンヤマダイ釣行

5時半、茨城日立会瀬港の弁天丸にて受け付けを済ませ、予約していた釣り人が全員そろったところで乗船。この日は私を含めて6人で、左舷に3人、右舷に3人。私は左舷ミヨシに座る。

5時50分、今年2月下旬に進水した新しい船でテンヤマダイ釣りへ出船。阿部正美船長の舵で真沖へ20分ほど走り釣り場に到着。

この日は晴れで、少々ウネリがあるものの波風なく絶好のマダイ釣り日和。

テンヤマダイのタックル

日立沖テンヤマダイ釣行で船中本命全員安打 好ゲストも顔見せ【弁天丸】当日のタックルと船着き場(作図:週刊つりニュース関東版APC・西山忠昭)

「始めは浅場から攻めますよ」と船長から合図があり準備開始。「水深40m」とのことだが、ウネリを考慮して15号のテンヤを結ぶ。出船直後に配られた冷凍エビを親バリに刺し投入指示を待つ。

「はい、どうぞ」のアナウンスで投入。テンヤが着底したらイトフケを取り、底~底上5mまでを探ったがアタリがないので回収して再投入。

小型ながら本命マダイ顔見せ

日立沖テンヤマダイ釣行で船中本命全員安打 好ゲストも顔見せ【弁天丸】2月に進水したばかりの新船で出港(提供:週刊つりニュース関東版APC・西山忠昭)

何度か誘いをかけているとアタリ。

素早くアワせ、完全にハリ掛かりしたところでゆっくりリールを巻く。強い引きではないが手元に伝わる感触は本命独特のもの。海面に浮上したのは手のひら大の本命。その後も同級を追加。

それからはアタリなし。ほかの釣り人についても同様で、手のひら大の本命を上げていたが、その後は苦戦。大型のアタリはなく、メバルやフグが釣れていた程度。

ポイント移動でサイズアップ

船はこの場所でしばらく流していたが、潮が動かずアタリが遠くなると船長は移動を決断。10分ほど沖に走ると水深60mの釣り場で再開。

日立沖テンヤマダイ釣行で船中本命全員安打 好ゲストも顔見せ【弁天丸】1.0㎏本命(提供:週刊つりニュース関東版APC・西山忠昭)

潮が動きだしてくると、私に強烈なアタリ。しっかりと竿をシャクッてアワせると、本命特有の三段引き。慎重にリールを巻き上げ、1kg級本命を引き抜く。

ここでは、ほかの釣り人も同級を多数上げているが、それ以上の大型の気配はなく、ハナダイやホウボウなどが掛かってくるようになったので再び場所を変える。

日立沖テンヤマダイ釣行で船中本命全員安打 好ゲストも顔見せ【弁天丸】良型マトウダイも(提供:週刊つりニュース関東版APC・西山忠昭)

小移動して再投入したものの、本命からの反応はシブく、カサゴやマトウ、キントキやマルイカが釣れる。

当日の最終釣果

その後も船長は「なんとか大ダイを」と頑張ってくれたが納竿時間を迎え、正午すぎに沖上がり。

この日の釣果は0.3~1kg1~4尾だった。前述のようにゲストは多彩で、全員十分な土産を確保した。

日立沖テンヤマダイ釣行で船中本命全員安打 好ゲストも顔見せ【弁天丸】キントキをキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版APC・西山忠昭)

この日の前半は潮が動かず苦戦したが、今後は潮況次第で浅場で大型が釣れるようになるはず。春の乗っ込みは大型の期待十分。挑戦してみてはいかがだろうか。

<週刊つりニュース関東版 APC・西山忠昭/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
弁天丸
日立沖テンヤマダイ釣行で船中本命全員安打 好ゲストも顔見せ【弁天丸】
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年3月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。