夜の陸っぱり釣りでアナゴ30匹 足元を5本ザオで狙う【霞ケ浦ふ頭】

夜の陸っぱり釣りでアナゴ30匹 足元を5本ザオで狙う【霞ケ浦ふ頭】

2月27日、三重県四日市市の霞ケ浦ふ頭での夜釣りで、40cmを頭にアナゴが30匹釣れたので、その釣行をレポートしよう。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・日比野昭光)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

霞ケ浦ふ頭でアナゴ釣り

桑名のフィッシング遊でアオイソメを購入して霞ケ浦ふ頭へ向かう。新しく出来た橋の上を走行中、通称・塩ふ頭の桟橋に入れることが分かり、うれしくなった。

午後5時半に到着。早々にタックルの準備を始める。今回もアナゴ狙いでタックルは5本用意。セイゴ狙いの手持ちザオも1本追加する。アナゴ釣りは、特別難しいことは全くない。ポイントといえば、必ず底を取ることくらいだ。

私のタックルは、万能ザオ1.8mにスピニングリールを付け、ミチイトはナイロンライン3号、それに仕掛けの絡み防止のため円盤テンビンを付ける。オモリは10号。セイゴバリ10号にナイロンライン2号のハリス付きハリを使用。エサのア オイソメはチョン掛けにする。

夜の陸っぱり釣りでアナゴ30匹 足元を5本ザオで狙う【霞ケ浦ふ頭】当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版 APC・日比野昭光)

5本ザオでアナゴ続々キャッチ

オーバーハングしている桟橋の真下に仕掛けを落とし、オモリが底に着いたらミチイトをリールのスプールのイト止めに掛ける。これで毎回簡単に底をキープできる。辺りが暗くなってきたらアナゴ釣りのベストタイムだ。アナゴ釣りでは明確なアタリは出ないので、10分置きくらいにサオを手に持って聞いてみることが大切だ。

サオに重さを感じなければ再び桟橋に置いて次のアタリを待つ。そしてしばらくしたら、もう一度手に取って聞いてみる。重さを感じたらそのまま巻き上げるが、ヒットしていなくても2回目はさしエサの確認のために巻き上げることにしている。

この作業を順番に5本することにより、明確なアタリが出なくても退屈しないでアナゴを釣り上げることができた。

夜の陸っぱり釣りでアナゴ30匹 足元を5本ザオで狙う【霞ケ浦ふ頭】本命アナゴが連発(提供:週刊つりニュース中部版 APC・日比野昭光)

最終釣果

そして寒さの増した午後9時に納竿とした。最終的にアナゴ30尾と満足釣果を得ることができた。

またアナゴのさばき方はネットの動画を見て練習すればできるようになると思う。今後も水がぬるむころまで楽しませてくれるだろう。

<週刊つりニュース中部版 APC・日比野昭光/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
霞ケ浦ふ頭
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年3月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。