イワシ泳がせのヒラメ釣り 本命の他マゴチにワラサと多彩釣果【直栄丸】

イワシ泳がせのヒラメ釣り 本命の他マゴチにワラサと多彩釣果【直栄丸】

2月21日、会社の同僚と昨年の12月から毎月乗船している、愛知県・南知多町片名港の直栄丸にイワシの泳がせ釣りで出かけた。前回釣行はアタリに恵まれず、今回はリベンジを誓い気合十分で船へ乗り込んだ。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・加藤亘)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

直栄丸でイワシ泳がせヒラメ釣り

今回のイワシの泳がせ釣りには、イシグロ半田店の店長・鈴木さん、船釣りマイスター・吉田さんも乗船。プロ級のテクニックを拝見できるだけでも実りある釣行となりそうで、出港前から気持ちが高ぶった。

いざポイントへ向けてイワシを十分に積み込み進む直栄丸。10分ほど走ったところで磯部船長より、「ベイトの反応がかなり出ているので、ここらでちょっとやってみようか」とのアナウンス。各自がすぐにイワシを付けて開始となった。

気配はあるもアタリ遠く

ポイントには、他の船もベイトの反応に誘われ次々と集結し、師崎沖は一瞬にして大船団の風景と化す。ベイトの層は、底付近から10m以上の範囲に伸びているとのことで、広範囲を探ってみたがアタリは遠い。同船者、周囲の船も釣れている感じはなかった。

30分ほどでベイトの反応が消えて多くの船が伊良湖沖へ向かうなか、直栄丸は15分ほど移動したポイントでの流しとなる。船を流すライン付近には、時折鳥の群れが水面を差して期待が高まり、近くに魚がいる気配を感じつつも、ここでもアタリは遠かった。

3回ほど流し終わってから「沖に移動します」とのアナウンスが入り、伊良湖沖へ移動。

筆者に良型マゴチヒット

伊良湖沖のポイントには午前9時すぎの到着となり、船長の合図とともに再開となった。水深60mほどのポイントで、根掛かりの心配はないとのこと。

ベタ底に近い状況で、時折誘いを入れながら集中すると、開始から5分ほどで一気にサオ先が引き込まれるアタリ。大きくアワセを入れると、確かな魚信が伝わってきた。

「キタ~」と自然に声が出てしまい、それを聞いた左舷ミヨシの吉田さんがタモを準備。鈴木さんもサオを置いて、私のやり取りを見ながら声をかけてくれる。初対面の2人に囲まれて、何ともいえない緊張感でのやり取りとなった。

無事に水面へ上がってきたのは良型のマゴチ。吉田さんの素早いタモ入れが決まり、うれしい1匹目。吉田さんにお礼を言い、すぐ次の投入への準備を進めた。

船中マゴチラッシュ!

1匹目の余韻を感じながら集中していると、先ほどと違う細かなアタリ。焦らず食い込むまでゆっくり待ち、大きくアワセを入れると、これもうまく乗った。

その直後、奥田君もアワセを入れてサオを曲げる。私と奥田君が上げたのは、1匹目と同サイズほどの良型マゴチ。

2人そろって、またも吉田さんが落ち着いて取り込んでくれる。その後、私はマゴチとイネゴチを1匹ずつ追加。奥田君も同様にマゴチとイネゴチの追加となった。

イワシ泳がせのヒラメ釣り 本命の他マゴチにワラサと多彩釣果【直栄丸】マゴチが船中連発(提供:週刊つりニュース中部版 APC・加藤亘)

待望の本命ヒラメ顔見せ

コチのラッシュが続いて、本命のヒラメが上がらない状況のなか、またも絶好調の奥田君がサオを大きく曲げる。吉田さん、鈴木さん、私が見守るなか本命のヒラメが顔を見せ、これも吉田さんがタモ入れ。ヒラメの顔が見えたことでやる気となり、それぞれがサオ先へ集中する。

イワシ泳がせのヒラメ釣り 本命の他マゴチにワラサと多彩釣果【直栄丸】絶好調の奥田さんの良型ヒラメ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・加藤亘)

すると、私に久しぶりのアタリ。焦らず十分待ったところでアワセを入れ、伝わる魚信と直前でヒラメが上がったことで、次こそは本命を期待しながら上げると、自身1匹目となる待望のヒラメが姿を見せ、吉田さんに取り込んでもらった。

イワシ泳がせのヒラメ釣り 本命の他マゴチにワラサと多彩釣果【直栄丸】高級魚ヒラメをゲットした筆者(提供:週刊つりニュース中部版 APC・加藤亘)

次のページで60cm超ヒラメにワラサも登場!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。