暖冬でロックフィッシュも高活性 穴釣りでムラソイ&メバリング【大阪】

暖冬でロックフィッシュも高活性 穴釣りでムラソイ&メバリング【大阪】

2月に入っても、暖冬傾向が続き、平年よりも海水温が高くなっている。ロックフィッシュの活性が上がっている頃かと思い、大阪・泉南の樽井漁港へ2月15日にロックゲーム釣行した。干潮回りであまり良くない状況だったが、ムラソイやメバルが軽快な反応を見せてくれた。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・谷口墨人)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

日暮れ以降はメバル狙いへ

その後、小型のムラソイをキャッチしていくが、どれも15cm以下で、釣り荒れなのかサイズが伸びない。やがて、午後6時前になり、日が暮れてきたのでメバリングに変更した。

暖冬でロックフィッシュも高活性 穴釣りでムラソイ&メバリング【大阪】小型が多めだった(提供:WEBライター・谷口墨人)

1gのジグヘッドに、スクリューテイル・クリアーの夜光タイプのワームを装着。河口向きに投入し、まず、表層をノーアクションのスローで探るが、バイトがない。

石積みの際で本命メバル

レンジを下げていき、ボトムを探るがバイトがない。斜め横に投入し、石積みの際をタイトに狙うと、コツンとようやくバイト。すかさずアワせると、グングンとメバルの引きが伝わってくる。心地いい引きを味わい、17cmのメバルをキャッチ。潮が下げていて、メバルの活性が低く、ストラクチャーに張り付いているようだ。

すっかり周囲が暗くなり、ワームをライトで蓄光させてから、斜めに投入し、捨て石回りを探ると、また、コツンとバイトし、18cmのメバルをキャッチ。

その後、探り歩いて15cmのメバルをキャッチした後はバイトがなくなり、午後8時に納竿とした。この日は潮が引いていて、潮の動きが悪く、魚の活性が低かったが、満潮時にはメバルの活性が上がり数釣りが楽しめる。また、樽井漁港沖向きのテトラ帯もメバルの好ポイントだ。

<谷口墨人/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
男里川尻周辺
所在地:大阪府泉南市りんくう南浜

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。