暖冬でロックフィッシュも高活性 穴釣りでムラソイ&メバリング【大阪】

暖冬でロックフィッシュも高活性 穴釣りでムラソイ&メバリング【大阪】

2月に入っても、暖冬傾向が続き、平年よりも海水温が高くなっている。ロックフィッシュの活性が上がっている頃かと思い、大阪・泉南の樽井漁港へ2月15日にロックゲーム釣行した。干潮回りであまり良くない状況だったが、ムラソイやメバルが軽快な反応を見せてくれた。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・谷口墨人)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

樽井漁港でロックゲーム

現地には午後4時に到着。タックルを持って、樽井漁港の埋め立て地南側の、男里(おのざと)川尻にある石積み波止に行ってみた。風と波は弱いが、かなり潮が下げていた。波止の先端では、シーバス狙いのルアーマンがミノーをキャストしているので、手前の河口向きにエントリー。

ロックゲームをスタートした。

暖冬でロックフィッシュも高活性 穴釣りでムラソイ&メバリング【大阪】樽井漁港南にある石積み(提供:WEBライター・谷口墨人)

穴釣りでムラソイ狙い

まず、穴釣りでムラソイを狙ってみる。潮が引いて護岸が干上がっている時は、穴釣りでムラソイが狙いやすい。ラインが波の影響を受けると、穴の底までジグヘッドがうまく届かず、途中で引っ掛かって根掛かりなどのトラブルが起きるからだ。

今は潮が引いているので狙い時だ。3gのジグヘッドに、パワーイソメの極太タイプを半分にカットしてから装着。波打ち際の、できるだけ狭く深い穴を探して、ジグヘッドをゆっくりと落とし込んでいく。

暖冬でロックフィッシュも高活性 穴釣りでムラソイ&メバリング【大阪】パワーイソメ極太(提供:WEBライター・谷口墨人)

じっくり食わせて17cmムラソイ

貧欲なムラソイが穴の中に居れば、コンコンとアタリがあるはずだ。しばらく探っていると、手頃な深い穴を見つけた。ジグヘッドをゆっくりと、穴の奥まで落とし込んでいくと、コンコンとアタリがでた。

この時にアワせると、魚はワームの端をくわえているだけなのでハリ掛かりしない。コンコンとアタリがあり、しばらく待つと、ガツガツと強めのアタリがある。この時にアワせると、ググッと引きがきて、うまくハリ掛かりした。

根に入られないように引きをかわし、穴の中から引きずり出したのは、17cmのムラソイ。パワーイソメをまる飲みしていた。

暖冬でロックフィッシュも高活性 穴釣りでムラソイ&メバリング【大阪】ワーム丸飲みのムラソイ(提供:WEBライター・谷口墨人)

狭く深い穴がポイント

また、石積みの上を探り歩いていると、狭く深い穴を見つけたので、ジグヘッドをゆっくりと落とし込んでいくと、コンコンとアタリがあり、しばらくするとガツガツと・・・。すかさずアワせると、ゴンゴンと引きがきて、13cmのムラソイをキャッチ。

次は、広めの深い穴を見つけ、ジグヘッドをゆっくりと落とし込んでいくと、細長い魚影が見え、ジグヘッドにアタックしてきた。ググッと引きがきたので、すかさずアワせると、グーンと魚の重さがロッドの先に乗り、抜き上げたが、すぐにハリが外れてナチュラルリリース。20cmほどの、細長いダイナンギンポだった。口が小さいので、うまくハリ掛かりしなかったのだろう。

次のページでメバリングへ変更

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。