西湘サーフの投げ釣りで20cmシロギス 数は出ずも型は良し【酒匂海岸】

西湘サーフの投げ釣りで20cmシロギス 数は出ずも型は良し【酒匂海岸】

1月12日(日)、「シロギスの投げ釣りをしよう」と、神奈川小田原の酒匂海岸近くにある小八幡海岸に釣行した。数は出なかったが、良型と対面することが出来た。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・町田正己)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

酒匂海岸で投げシロギス釣り

途中、宮島屋釣具店でエサの岩イソメとジャリメ、青イソメを購入。

西湘バイパスのパーキングエリアのテトラ近くに釣り座をとり、7時ごろから開始。波は静かで期待できそうだ。中潮で満潮は6時35分。

西湘サーフの投げ釣りで20cmシロギス 数は出ずも型は良し【酒匂海岸】酒匂川河口周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版 APC・町田正己)

当日のタックル・仕掛け・エサ

自作の4本バリ仕掛けをセット。上から、ジャリメの尾のみを小さく切って付け、次は2cm程度に切った青イソメを1尾掛け、次はジャリメの1尾掛け、下バリには岩イソメを2cmに切って付ける。エサ付けの工夫が楽しいところ。

西湘サーフの投げ釣りで20cmシロギス 数は出ずも型は良し【酒匂海岸】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 APC・町田正己)

水深があるのでミチイトは6色半ほど出る。80~50cmの幅でゆっくりサビき、しっかり止めて、アタリを待つ。サビく途中、少しでも重く感じた所は、海底に変化があるポイントなのでそこを攻める。

なかなかアタリはなかったが、8時ごろに6色付近で反応。期待して巻き上げるがフグだったようでハリスが切られている。

移動し20cm級シロギス一荷

堤防寄りに移動すると「3色以内を攻めてピンギスを3尾」の先釣者がいた。

6色半からサビいてくると、6色でブルブルブルンといいアタリ。

少し待ってから巻き上げるとすごく重い。「これは違う魚か」と思いながら巻き上げると、砂浜には本命が一荷。青イソメと岩イソメを食っている。20cmと19cmで、サイズがよく嬉しい。

11時まで粘ったが追釣なく納竿。

酒匂海岸はオススメ

釣った魚は刺し身で美味しくいただいた。

エサは数種類用意することを勧めるが、ジャリメを1パックだけでもOKだろう。砂浜は楽しい。

このポイントは宮島屋釣具店から至近で、困ったときに頼りになる。釣りに飽きたら砂山でも作って遊べば楽しい。家族連れにも最適なフィールドだろう。

<週刊つりニュース関東版 APC・町田正己/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
酒匂海岸周辺
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年1月31日号に掲載された記事を再編集したものになります。