『五目ライトゲーム』白熱 根魚にアジにタチウオも【名古屋港西3区】

『五目ライトゲーム』白熱 根魚にアジにタチウオも【名古屋港西3区】

1月3日、タックルを車に積み、午後7時すぎに到着したのは愛知県弥富市の名古屋港西3区。特にターゲットは定めない、陸っぱり五目ライトゲームだ。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史 )

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

西3区で五目ライトゲーム

潮はちょうど上がり始めている時合いだが、車から下りると服がバタつくほどの強風。いつもの軽量ジグヘッドでの釣りは難しそうだ。というのも、釣友はひそかにアジを狙っているのだ。

今年の伊勢湾奥にはアジが豊富。常夜灯周りなら回っている可能性が高い。しかし水面をのぞくと、ウロウロしているのはセイゴのみ。初釣りなので何か釣れてくれれば良しとしよう。と、ゆる~い雰囲気でスタート。

まず0.5gのジグヘッドをキャストしてみるが、想像通り風にあおられ全く沈んでいかない。1gもダメ。1.5~2gでどうにか釣りができるレベルだ。レベリングヘッド1.5gにスパテラ1.5inchでスタートだ。

名古屋港では珍しいキジハタ

足元を探るとカサゴがヒット。これでボウズ逃れ。間髪入れず釣友にヒット。しかし様子がおかしい。魚を持って近づいてくるので見ると、ヒットしたのはなんとキジハタだ。これは珍しい。

『五目ライトゲーム』白熱 根魚にアジにタチウオも【名古屋港西3区】幻の名古屋港キジハタ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史 )

コンスタントに多魚種ヒット

『五目ライトゲーム』白熱 根魚にアジにタチウオも【名古屋港西3区】安定のカサゴ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史 )

その他にもカサゴにタケノコメバル、キャストして探ると良型メバルといった感じで、単発だがヒットが続く。

『五目ライトゲーム』白熱 根魚にアジにタチウオも【名古屋港西3区】タケノコメバルもヒット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史 )

次は見えているセイゴを狙うが、明暗の境に群れている群れはなかなか口を使わない。釣友はトゥイッチ、緩急をつけたリトリーブなどでどうにかキャッチ。私も狙うが、やはり難易度が高い。

『五目ライトゲーム』白熱 根魚にアジにタチウオも【名古屋港西3区】グッドサイズのメバル(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史 )

キャストして遠くの魚を狙った方が効率が良く、ネコメタル3gをロングキャストし、トゥイッチングリトリーブでようやくヒットだ。連続ヒットをもくろんで再びジグヘッドリグに戻す。

『五目ライトゲーム』白熱 根魚にアジにタチウオも【名古屋港西3区】セイゴは群れていた(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史 )

スローリトリーブでアジ登場

ロングキャストし中層までフォール、スローにリトリーブすると、コツコツとバイトがある。これはアジっぽいと思っていると、ティップが入ってヒット。やはりセイゴと引きが違う。

横に走るし、走りが速い。慌てて回収しようとすると空中でポロリ。チラッと見えた魚体はやはりアジだ。すると釣友にヒット。キャッチしたのは小さいが丸々太ったアジだ。キャストを続けると中層で再びヒット。今度は無事キャッチできた。しかし時合いは長く続かず、数匹ヒットしたところでバイトが止まってしまう。

かわいいサイズのタチウオも

諦めきれずに探っていると、再び中層で何かがヒット。クイクイと引くものの抵抗感はあまりない。半信半疑で回収するとなんとタチウオ。スパテラにバイトしたが、下アゴにきれいにフッキングが決まっている。指1.5本のかわいいサイズだが、うれしい1匹だ。

『五目ライトゲーム』白熱 根魚にアジにタチウオも【名古屋港西3区】タチウオ指1.5本(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史 )

しかしこちらも後は続かず。この時点でキジハタ、カサゴ、タケノコメバル、セイゴ、アジ、タチウオと知らない間に7目釣りを達成。時間の経過とともにさまざまな魚が顔を見せてくれ、正月早々十分楽しませてもらったので午後10時半にロッドオフとした。

<週刊つりニュース中部版 APC・松田久史 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
西3区
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年1月31日号に掲載された記事を再編集したものになります。