アジングで20cm級アジ複数尾キャッチ ゲストはムツ【新宮漁港】

アジングで20cm級アジ複数尾キャッチ ゲストはムツ【新宮漁港】

晩秋より好調なアジングで、12月25日に釣行を計画。当日の新宮漁港は、風はやや強いものの、アジングは成立する天気。本命の他、ムツを手中に。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

新宮漁港にアジングへ

午前5時から福岡県糟屋郡の新宮漁港で、外海のテトラに立つ。ここはテトラが大きいので、いつも慎重に足を運ぶ。

アジングで20cm級アジ複数尾キャッチ ゲストはムツ【新宮漁港】広域略図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

20cmアジが単発ヒット

1.2gのジグヘッドを装着し、1投目。最盛期であれば1投目からヒットなのだが、水温が下がってアジも減ったのか、やはり前週から低活性。フリーフォール、テンションフォールなど、誘い方やレンジを変えてあれこれ試す。

アジングで20cm級アジ複数尾キャッチ ゲストはムツ【新宮漁港】筆者のタックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

数投目、ようやくコンッと小さなアタリがあり、20cmクラスのアジがヒット。しかし、後はなかなか続かず、やはりひと筋縄ではいかない。

ムツが連発

次第に時間が過ぎていき、アジはむずかしいかと思っていたとき、今度はガガッとアジではないアタリ!これはもしやと思いヘッドライトを灯すと、魚体が茶色い。これは鋭い歯の持ち主、ムツである。

本命の魚ではないが、食べると甘みがあり、刺し身は抜群にうまい。ムツでもお土産にはいいのだが、やはりアジングに来たのだから、アジのアタリと引きを堪能したい。

アジとムツを堪能

テトラ手前はムツの攻撃に遭うので、沖にキャストしてフォールでアジを探し、2回程度の誘いで来なければ回収し、再びアジを探す。

どうにかこの方法で20cm超のアジを数尾キャッチし、ムツと合わせてライトゲームで昨年の釣りを締めくくった。

<週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
新宮漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年1月31日号に掲載された記事を再編集したものになります。