冬の伊勢湾奥名物『新子タチウオゲーム』が病みつき 指1本級が食べごろ

冬の伊勢湾奥名物『新子タチウオゲーム』が病みつき 指1本級が食べごろ

冬の陸っぱりだからこそ楽しめる釣り物。それが、伊勢湾奥の『新子タチウオゲーム』だ。指1〜2本級を掛けるゲーム性の高さで、病みつきになること間違いなしだ。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

霞埠頭で新子タチウオゲーム

釣りの面白さは、必ずしも魚の大きさに比例するわけではない。サイズは小さくても、釣り人を夢中にさせてくれるターゲットは無数にいる。中でも、アタリが多いくせに掛からない魚というのは、たとえ小魚でも熱くなってしまう。

新子タチウオゲームもまた、そんな釣りのひとつだ。特に初冬に接岸する指1~1.5本サイズの新子は、寒さも忘れるほどに楽しませてくれる。しかも食べておいしいとなれば、もう狙うしかないだろう。

そんなわけで12月28日、仕事を終えたその足で三重県四日市市の霞埠頭に直行した。現地到着は午後7時半ごろ。仲間が先行していたので状況を聞くと、一時は入れ食いだったとのことだ。サイズは指1~1.5本を中心に、時折2本クラスも交じるらしい。

冬の伊勢湾奥名物『新子タチウオゲーム』が病みつき 指1本級が食べごろ当日のタックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

食べごろの指1本サイズ

早速集魚灯をセットしてキャスト開始。まずは表層から探っていくが、反応はない。そこで少しずつレンジを下げていくと、中層付近で小さなアタリが出た。

しかし、相手が小さいのかうまくフッキングしない。そこでジグヘッドのフックをサイズダウン。グローカラーのワームもしっかりと光らせ、再度同じレンジを通す。これでようやくの1匹目。上がってきたのは指1本の食べごろサイズだ。

えっ?と思うかも知れないが、指1本半までなら、ブツ切りにして揚げるだけでおいしく食べられる。それ以上になると骨がさわるので、丸ごと唐揚げにするならこのサイズなのだ。 

メバリングタックルで引きを堪能

レンジさえつかんでしまえばこっちのもの。小刻みなシェイクでアピールしながらレンジを通せば、高確率で反応してくれる。アタリは小さいが、的確なタイミングでアワせれば即ヒットだ。上がってきたのは指1本半クラス。

このサイズになるとヒットした瞬間のドスンという重量感もあり、タチウオらしい引きを味わえる。メバリングタックルなら十分に楽しめるレベルだ。

ゲストにクロソイもヒット

ここから同様のパターンで連発したが、しばらくするとアタリが遠のいてしまった。同時に、ブシューという呼吸音。スナメリの接近で、魚が警戒してしまったのだ。

それでもボトム付近を探ると単発ながらヒットしてくる。そこでルアーを5gのメタルジグに変更。小さなケミホタルがセットできるメタルジャッカー・マイクロという製品だ。

いったん着底させ、小刻みなシェイクを入れながら誘い上げると一発でヒット。光りモノに好反応を示すタチウオだけあって、このジグは反則レベルだ。派手な動きはミスバイトの原因になるので、控えめなアクションを心がけたい。

冬の伊勢湾奥名物『新子タチウオゲーム』が病みつき 指1本級が食べごろ光りモノは効果絶大(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

ここで、ボトム付近をワインドで探っていた岡田君が大きくサオを曲げた。ドラゴンだ、などと冗談を飛ばしながら浮かせると、姿を見せたのは25cm級のクロソイ。これはうれしい外道だ。

冬の伊勢湾奥名物『新子タチウオゲーム』が病みつき 指1本級が食べごろ岡田君はクロソイもキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

そうこうしているうちに、再びタチウオが中層まで浮いてきた。そろそろ帰ろうと思っていたが、これでは帰れない。ルアーをジグヘッドに戻し、延長戦に突入だ。

寒さも忘れてタチウオと戯れ、さすがにキリがないので午後11時に終了。

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。