日立沖『ひとつテンヤ』釣りでトップ10尾 新船で女性も安心【大貫丸】

日立沖『ひとつテンヤ』釣りでトップ10尾 新船で女性も安心【大貫丸】

1月26日(日)、ここのところ連日トップがツ抜け!更には2kg近くの良型も釣れているという情報を聞き、日立久慈漁港大貫丸さんから、大好きなひとつテンヤマダイに出掛けました。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・白井亜実

白井 亜実

東京湾を中心に、電車で行ける船宿を巡って「船釣り」を楽しんでいます。老若男女問わず共に楽しめるのが釣りの魅力。初心者の方からベテランの方まで、釣りを通した四季の楽しみ方を発信していけたらと思います。

×閉じる

船釣り エサ釣り

大貫丸でひとつテンヤ

今回のひとつテンヤマダイ釣行は、昨年デビューしたばかりの新船、大貫翔平若船長操船の第5大貫丸に初乗船。受付の際、「今日はどこも満船みたいなんです」と女将さん。連日の好釣果と週末が重なり、どの船も多くの釣り人で賑わいを見せていました。釣り座は予約順。私は左ミヨシに釣り座を構えました。

出船時間の6時を回っても、あたりはまだ真っ暗です。「今日は海が荒れているので、準備終わった方は船室かトモに移動してください」と船長。ただでさえ凍える程の寒さ。開始早々波を被ってしまっては1日中辛い思いをしてしまうので、有難いアナウンスです。

各所に気配りされた新船

タックルなどの準備を済ませたところで、トモへ移動。すると、「トイレめちゃくちゃ広いよ!」と本日お世話になる中乗りの長谷部さん。目の前のお手洗いの扉を開けてみると、あまりの広さと綺麗さに驚きました。よく見るとひとつひとつのボタンに説明やメッセージが添えられており、少しでも船上で気持ちよく過ごして欲しいというお客さんへの思いやりが伝わってきました。

日立沖『ひとつテンヤ』釣りでトップ10尾 新船で女性も安心【大貫丸】お手洗いも綺麗で快適(提供:WEBライター・白井亜実

30分程走ったところで、ポイントに到着。連日好釣果の情報ですが、トップのツ抜けに対しスソが0など、釣果に大きく差があるという点が少し気になっていたので、一体どういう事なのか、身をもって確認したいと思っていました。

「はいどうぞー。水深60m。下から20m程まで良い反応出てますので、広く探ってみてください」と船長。これは爆釣間違いないのでは!?とニヤける私。しかし実際はそんなに甘くないということを、後々思い知ることに…。

深場狙い&低活性に苦戦

通常、ひとつテンヤといえば水深20~30mの浅いイメージ。テンヤをまっすぐ落として縦の釣りをしたり、キャストして横に探ったり(私は後者の釣り方が好きです。)してテンポよく広範囲を探るのですが…。この日はいつもの倍の水深。満船で流れもあり、オマツリにも注意が必要。巻き上げにも根気がいります。

日立沖『ひとつテンヤ』釣りでトップ10尾 新船で女性も安心【大貫丸】タックル図(作図:TSURINEWS編集部

まずは40gのジグヘッド(テンヤ10号程)に冷凍海老を刺し、様子をみてみることにしました。1度着底させて、少しずつ誘い上げ、そこから5m程のところで、ココン、というアタリ。即アワセしたところ、乗らない!

周りを見渡してみると、同じような方が多数。「あまり魚の活性が高くないから、即アワセしないで少し待った方がいいよ」と中乗りさん。

アワセのタイミング微調整でハナダイ

エサを付け替え、次のアタリでは一呼吸おいて聞きアワせるようにしてみると、今度は無事乗りました!お隣さんもヒット。あまり大きくはないものの、小気味いい引き。

顔を見せたのは、マダイとよーく似た、500g程のハナダイ(チダイ)。ひとつテンヤ釣りでは度々顔を見せてくれる定番の人気ゲストです。塩焼きや押し寿司にするととっても美味しいお魚です。

周りでも所々で竿が曲がり、ハナダイや沖メバルを中心に、その中でマダイが少し混ざるといった釣れ方をしている様子でした。

次のページで本命マダイが顔見せ

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。