冬のロックフィッシュゲームを満喫 セイゴやカサゴを連釣【四日市港】

冬のロックフィッシュゲームを満喫 セイゴやカサゴを連釣【四日市港】

12月27日に、三重県四日市市の四日市港へロックフィッシュゲーム釣行へ赴いた。当日は、カサゴや小型ながらメバルと戯れれた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

四日市港へロックフィッシュゲーム

12月27日、久しぶりの友人との釣行の日。行き先に選んだのは三重県四日市市の四日市港だ。現地到着は午後9時だ。すでに多くの釣り人が、年の瀬の釣りを楽しんでいる。私たちも早速準備に取りかかる。

夕方が満潮なのですでに潮は半分くらい下がっている。友人は1gのジグヘッドにエコギアアクア活メバルSTグラブ2inchをセット。私はレベリングヘッド1gにスパテラ2inchでスタートだ。やや風があるが、足元を狙うので問題ない。

早々にカサゴがヒット

ロックフィッシュは久しぶりの友人に、「釣り方はこうやって…」とえらそうに講釈を垂れていると、1投目から根掛かり。そして私がリグを組み直している間に友人は「釣れた~」。小型ながら元気なカサゴだ。人生は思うようにいかないものだ。

釣り自体は慣れている友人なので、これで手応えをつかんだようだ。少しずつ応用しながら、ストラクチャー周りを丹念に探り、数匹キャッチしている。

ようやく私も探り始めると、すぐに同サイズのカサゴがヒット。カサゴは安定しているようだ。

冬のロックフィッシュゲームを満喫 セイゴやカサゴを連釣【四日市港】カサゴは超高活性(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

友人の後追いで同じポイントを探っているにもかかわらず活性は高く、飽きない程度にヒットしてくれる。これまでと変化があるとすれば、手のひらサイズだけでなく、時折20cm弱のちょっといいサイズが交じるようになったことだ。友人もグッドサイズをヒットさせ「これはちょっと重いよ~」と楽しんでいる。

小型ながらメバルもヒット

シーズンインしたメバルは、カサゴとは逆に数も型も前回ほど出ない。前回すでにプリスポーンの個体だったので、アフターに入り食い渋っているのだろうか。しかし小型ながらも時折ヒットして、心地よい引き味で楽しませてくれる。

冬のロックフィッシュゲームを満喫 セイゴやカサゴを連釣【四日市港】メバルもシーズンイン(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

セイゴが無限にヒット

2人で同時にヒットすることも幾度かあり、友人も「もうお腹いっぱい」とのことだったので、移動してセイゴを狙ってみることにする。

いくつかライト周りを探してみると、流れが絡んだポイントで相当数回遊しているのを発見。友人がジグヘッドをキャストして探ると、トゥイッチを入れた瞬間ヒット。その後はチョンチョンやりながら無限に連発させている。

私はメバル用のプラグで狙ってみる。ピットスティック47GPのトゥイッチからのフォール、ビーストレート48Sのリトリーブからのストップでもあっさりヒット。しかし判を押したように同一サイズ。

良型サイズのセイゴ

やはり大型は明暗の外でしょう、ということでクープ45をロングキャスト。ちょうどいいタイミングでライズが出始めた。

ここぞという明暗の向こう側でドッグウォークさせると、狙い通りにヒット。なかなかの勢いでルアーがひったくられ、イイ感じにロッドが曲がっている。小物釣り師の年末にふさわしいちょっとイイサイズのセイゴをキャッチ。

冬のロックフィッシュゲームを満喫 セイゴやカサゴを連釣【四日市港】グッドサイズのセイゴ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

その後は再び別ポイントに移動し、ロックフィッシュを再開。ヒットは変わらず続いていたが、徐々に潮止まりが近づきバイトが減少。

午後11時にロッドオフとした。友人もいい釣り納めができたと喜んでくれた。

<週刊つりニュース中部版 APC・松田久史/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
四日市港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年1月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。