SLJで真冬の高級魚狙い撃ち 大型タカバやアカヤガラなど【Trip】

SLJで真冬の高級魚狙い撃ち 大型タカバやアカヤガラなど【Trip】

昨年12月21日、長潮。この日は潮も悪く、シケ気味でしたが、船長の判断で少し遅めの午前6時30分に北九州市の戸畑港に集合。Tripを利用して乗り合い8人で白島沖へSLJ(スーパーライトジギング)&タイラバに行きました。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

TripでSLJ&タイラバ

1時間ほどで釣り場に到着するもウネリが強く、楽しみにしていた久しぶりのSLJなので、すぐに準備を始めます。

SLJで真冬の高級魚狙い撃ち 大型タカバやアカヤガラなど【Trip】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

水深約80mで、両舷から仕掛けを落とせるようにパラシュートを入れます。あまり潮が動いていないので、軽めのMAKIE80gピンクを選び、落としていきます。

渋いなかアカヤガラとアコウ上がる

「潮が動いてないね」と同船者と話しながら探っていくもアタリはなく、時間が過ぎていきます。「きたよ」と左舷側にいた人から声が聞こえてきます。上がってきたのは高級魚のアカヤガラ。私もアカヤガラは大好きなので、頑張ってジグを振ります。

SLJで真冬の高級魚狙い撃ち 大型タカバやアカヤガラなど【Trip】アカヤガラ登場(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

アタリが渋く、潮も動いていないのでパラシュートを上げ、ドテラに変更して流し直します。このタイミングでジグをタイラー100gピンクにチェンジし、着底して3シャクリ目にググッとひったくるアタリに、瞬時にフッキング。上がってきたのは30cmほどのアコウ。アタリがないときの1尾は格別ですね。

良型マダイに笑顔

船長が何とかお土産を釣らせてあげようと、何度も瀬替わりしながらポイントを探ってくれているので、周囲でもアタり始めます。隣でサオを振っていた日浦さんにもヒット。ゴンゴンとたたくアタリに、マダイかなと予想しながら上がって来るのを楽しみにしていると、やはりマダイ。おいしいサイズの約40cmに「いいサイズやね」とみんなで笑顔になります。

SLJで真冬の高級魚狙い撃ち 大型タカバやアカヤガラなど【Trip】マダイも顔見せ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

58cmタカバ浮上で歓声

私も何か釣りたいと頑張っていると、着底からすぐにひったくるアタリにフッキング。強い引きに思わずドラグを締めてガンガン巻いていきますが、それでもラインがジジジジッと出ていきます。その姿を見て、船長が応援に来てくれます。

「多分マダイですね」と言われましたが、自分では何だか分からないので上がって来るのを楽しみにしていたら、なんと大型のタカバ(マハタ)にびっくり。

SLJで真冬の高級魚狙い撃ち 大型タカバやアカヤガラなど【Trip】タカバをキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

「これはうまいやつだ」「やったねー」とみんなで声を掛けてくれました。すぐに船長がサイズを測り「58cmだよ」と教えてくれました。

ペアのタカバも見事捕獲

船長いわく、タカバは大体ペアでいるから、もう1尾いるはず。「同じ所をもう一度流すので、頑張ってくださいね」と乗船者みんなに声を掛け、流し始めるとアタリがあり「本当にきた!」と船上はお祭り騒ぎ。良型のタカバにテンションが上がり、渋いながらも笑いが絶えない楽しい釣行になりました。

SLJで真冬の高級魚狙い撃ち 大型タカバやアカヤガラなど【Trip】タイラバにも大型タカバが(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

これからの時期、大型魚が狙えるタイラバ&SLJに、足を運んでみてはいかがでしょうか。

SLJで真冬の高級魚狙い撃ち 大型タカバやアカヤガラなど【Trip】当日の釣果(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

<週刊つりニュース西部版 週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
Trip
出船場所:北九州市戸畑区銀座2丁目
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年1月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。