ワカサギ釣りベストシーズン到来 道具&釣り方からマナーまで徹底解説

ワカサギ釣りベストシーズン到来 道具&釣り方からマナーまで徹底解説

釣って楽しく食べておいしい。子供や家族でも楽しめる。そんな、誰でも楽しめるワカサギ釣りのキホンを徹底解説します。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ワカサギ釣り

基本的な釣り方

ワカサギ釣りは、仕掛けにエサを付けて落とす。誘ってアタリが出たら、アワせて巻き上げるだけの簡単な釣り。しかしこの工程で大きく釣果に差がつく。まず誘い方だ。誘い方は活性に応じて変えていく。

ワカサギ釣りベストシーズン到来 道具&釣り方からマナーまで徹底解説釣り座のセッティング例(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

高活性時の誘い

高活性時は基本仕掛けを落としただけで食ってくる。朝マヅメ、夕マヅメなど大した誘いが必要ないときは、オモリを重くし手返し重視で仕掛けをどんどん落としていこう。

タナに仕掛けが到着したときに、ハリがフワッと浮く瞬間が誘いになっている。仕掛けを落としただけで食ってこなくなったら、速い誘いを入れ早くアワせる。

ワカサギ釣りベストシーズン到来 道具&釣り方からマナーまで徹底解説誘いを使い分けて釣果アップ!?(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

低活性時の誘い

低活性時は、ワカサギ釣りの醍醐味とも言える繊細な誘いが必要になってくる。仕掛けを落としただけでは食ってこない状況では、誘いはスローな方がいい。小刻みに誘うにしても大きく誘うにしても、ゆっくり誘ってみよう。

食いが渋いときは、穂先を曲げて誘っている最中に食ってくるので、それを見逃さないようにしたい。応用的な誘いとして仕掛けを一度タナまで落とし、ワカサギにエサを見せておいてすぐさま2mほど仕掛けを巻き上げ、またそのタナまで落とす「焦らし誘い」も効果的だ。

安全快適なドーム船

ワカサギの屋形船発祥の地は長野県の諏訪湖。その形状からドーム船の名が付いた。ドーム船では船底に開けられた溝からサオを出すため、落水の危険がない。子供連れでも安心だ。

船内にトイレが完備してあるので、女性にもうれしい。そして何より真冬でも船内はポカポカで暖かい。

釣り方はボート釣りとあまり変わりないが、船内での釣りになるため長ザオは使えない。電動リールザオがお勧めだ。釣り座は早いもの勝ち。基本船内の4隅の角が有利と言われている。

エサ

ワカサギ釣りベストシーズン到来 道具&釣り方からマナーまで徹底解説アカムシはユスリカの幼虫(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

ワカサギ釣りの代表的なエサは、アカムシとサシ。アカムシはユスリカの幼虫で、サシは白サシと赤く染めた紅サシがあり、色の違いで食いが変わってくる。どちらが良いかはその日よって違うので、ボート店などで聞いてみよう。

ワカサギ釣りベストシーズン到来 道具&釣り方からマナーまで徹底解説紅サシ、白サシの違いが釣果を分かつことも(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

また渓流用のエサでブドウムシがある。ブドウムシは食わせ用のエサではなく、寄せエサとして使う。内容物がたっぷり詰まったブドウムシに切り込みを入れ、仕掛けの上部のハリに付けてワカサギを寄せる。

また低活性時は、アカムシやサシをハサミで切って小さくすると食いが良くなる。ワカサギは釣り用のエサより小さなプランクトンを捕食して生きている。そのことを考えれば、おのずとエサは小さくした方がいい。そしてエサはこまめに変えよう。

次のページでマナーと美味しい食べ方を紹介

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。