ワカサギ釣りベストシーズン到来 道具&釣り方からマナーまで徹底解説

ワカサギ釣りベストシーズン到来 道具&釣り方からマナーまで徹底解説

釣って楽しく食べておいしい。子供や家族でも楽しめる。そんな、誰でも楽しめるワカサギ釣りのキホンを徹底解説します。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ワカサギ釣り

ワカサギ釣りの魅力

ワカサギ釣りの魅力は、なんといっても手軽であること。シンプルな道具で楽しめるため、初めて釣りに挑戦する人にもお勧め。

釣り方もエサを付けた仕掛けを落とすだけのシンプルな釣り方だ。しかし長年いろいろな釣りをしてきたベテランでも、ハマってしまう奥深さもある。手軽な釣りであることは確かだが、道具や釣り方、誘いなどさまざまな要素で釣果が変わってくるのも事実。

釣りの楽しみ方は千差万別。自分なりの楽しみ方で釣りをしてみよう。

ワカサギの特徴

ワカサギは、キュウリウオ科の魚で動物性プランクトンを主食としている。通常寿命は1年だが中には2年以上生きるものもいる。

他の小魚同様に群れを成して行動するため、群れに当たれば数釣りができる。公魚と書いてワカサギと呼ぶが、その語源は江戸時代に麻生藩が11代将軍徳川家斉へ献上した将軍家御用達魚「御公儀の魚」であったことが由来とされている。将軍様に献上するほどおいしい魚。それがワカサギなのだ。

ワカサギ釣りベストシーズン到来 道具&釣り方からマナーまで徹底解説釣りたてのおいしさは別格(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

ワカサギ釣りが楽しめるフィールド

ワカサギは、北は北海道から南は九州まで釣り場がある。南に行くほど釣り場は少なくなる。メインフィールドは東北、関東だが、近年は西日本でも人気が高まっている。釣り場の形態としては、ボート、氷上、桟橋、ドーム船がメインとなる。

どの釣り場にもボート店や管理棟があり、遊漁券、ボート代を支払って釣る。多くの釣り場にはレンタルタックルやエサが置いてあり、手ぶらでも楽しめる。またボート店ならライフジャケット、バケツは無料で借りられる。

ワカサギ釣りに必要な道具

ワカサギ釣りベストシーズン到来 道具&釣り方からマナーまで徹底解説タックル例(作図:週刊つりニュース中部版 編集部)

初めての人はそのまま手ぶらで釣り場に行けば、釣りをする全ての道具をレンタルできる。東海地区なら入鹿池、伊自良湖になるが、どちらも手ぶらでOK。釣り方やポイントなども各ボート店のスタッフが優しく教えてくれる。慣れてきたら釣具店などで徐々に道具をそろえていこう。

ワカサギ釣りに必要な基本的な道具は5つ。サオ、リール、ミチイト、仕掛け、オモリ。

タックル

サオは東海圏の釣り場なら、長くても短くてもどちらでも大丈夫だが、穂先は軟らかいものを選んだ方がいい。

リールはイトを巻いたり送り出したりする道具。ワカサギ釣りでは小型のものが扱いやすく、タナ(ワカサギの群れがいる水深)を測れる機能が付いたリールが好ましい。釣具店のワカサギコーナーに行けば必ずあるはずだ。

ミチイト&仕掛け

ミチイトはナイロン、フロロカーボン、PEラインと種類があるが扱いやすいのはナイロンとフロロカーボンで、リールに30~50m巻いてあるといい。

仕掛けは釣具店に行くと迷うほどあると思う。初心者の人はまずはハリ数の少ないものを選ぼう。ハリ数が多いとそれだけトラブルの数も増える。慣れない内は5~6本バリがいいだろう。

どうしても迷ったら、現地のボート店でご当地仕掛けを購入してもいい。実績のある仕掛けなので外れはないはずだ。入鹿池なら入鹿池専用の仕掛けがある。

オモリ

ワカサギ釣りベストシーズン到来 道具&釣り方からマナーまで徹底解説種類豊富なオモリ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

オモリは仕掛けを沈めるために必要。こちらも重さ、形は千差万別で迷う。初心者は軽いオモリは選ばず、5~7gの重めのオモリを選択した方が釣りの流れが良くなる。オモリが重い方が仕掛けは当然早く沈む。またオモリの重みで向こうアワセ(釣り人がアワセを入れなくても勝手にハリ掛かりしてくれること)でハリ掛かりすることがあり釣果につながる。

電動リールタックル

ワカサギの電動リールザオは、大手釣り具メーカーの参入などもあり、ワカサギアングラーに爆発的に浸透した。当初はワカサギ相手に電動リールなんて、と思っていたが、実際に使ってみるともう手放せないアイテムとなった。

特徴

ワカサギ釣りベストシーズン到来 道具&釣り方からマナーまで徹底解説電動リールザオは使うと手放せないアイテム(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

ワカサギ専用として開発された電動リールザオはどれもコンパクトで、手のひらサイズ。超小型で軽量だ。

穂先も超軟調子で、ワカサギの繊細なアタリも拾ってくれる。使い方も簡単で、仕掛けを落とす際はスプールをフリーにするレバーを指で動かし、着底すればレバーを戻す。

誘いを入れアタリがあればアワせて巻き上げボタンを押す。オートストッパーで仕掛けが止まる。使い方は誰でもすぐにマスターできると思う。

慣れると毎回狙った水深で仕掛けを止めてくれるタナ取りストッパーを使えば、さらに釣りは快適になる。

手巻きとの違い

手巻きだと時間がかかって効率は悪いが、電動は簡単で早い展開の釣りができるのでおのずと釣果も伸びる。軽いので疲れないし、コンパクトなのでポケットにも入る。値段は安いもので5千円前後。

高いものでも1~2万円で、他の釣りに比べれば安く済む。最新の電動リールは、誘いまで自動でやってくれる機能が搭載されている。

仕掛けの特徴を知りうまく使い分けよう

ワカサギ仕掛けのハリ数は5~7本が基本で、多いものは10本以上のものもある。10本以上のハリが付いた仕掛けは全長が長いので、広い範囲が探れるが扱いが難しい。中層狙う際は効果的。底狙いが中心のときは、手返し重視で5~6本バリがいい。

ワカサギ釣りベストシーズン到来 道具&釣り方からマナーまで徹底解説さまざまなタイプの仕掛けがある(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

ハリの種類

「袖型」と「狐型」があり、状況により使い分ける。袖バリは、バレにくい形状が特徴なので活性が高い時や水深がある場所で。狐バリは、吸い込みが良い形状が特徴なので低活性時や小型中心のときが向いていると思う。

ハリの大きさ

号数は1~2号を常備しておくと、広く対応できる。また最近ではハリが金色のものがあり。雨、朝マヅメ、曇り、濁ったときに有効で、キラキラ光るハリがワカサギの食い気を活発にさせているようだ。

仕掛け、ハリの予備は多めに

そして仕掛けは、一日で最低2回は交換しよう。ワカサギ釣りでもハリ先は鈍る。そもそも繊細な釣りなので、ハリ先が鈍ると食い込みが悪くなる。

またオモリの下に付ける下バリは、ベタ底でしか食わないときに効果を発揮する。最近では各メーカーから下バリだけの仕掛けが販売されている。

次のページで釣り方を解説!