大阪湾アジングで10cm以下豆アジ ボトム周辺の「ふわ釣り」でヒット

大阪湾アジングで10cm以下豆アジ ボトム周辺の「ふわ釣り」でヒット

この日の大阪南港釣行は、夕マヅメスタート。メインはライトブリームゲーム。足元でチヌやキビレを狙い、夜になるとアジングをちょろっと、という考えでいた。まあ悪い潮なので、期待は薄かった。アジに関してはアタリだけでも感じられたら、というような。しかし必死の粘りで、なんとかアンダー10のアジを1尾仕留めた釣行をレポートしたい。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

当日の状況

この日は満月に向かう小潮の最終日。夕方から夜にかけては潮がほとんど動かない。ただ常に満潮くらいの潮位で、釣り場に水深も十分あるので、まあ釣れないことはないかと車を走らせた。

タックルはメバルロッド、アジングロッドと1000番のリール。PEライン0.3号を張った2000番スプールに換装し、まずはメバルロッドを持って、足元のチヌを狙っていく。ライトブリームゲームだ。

ライトブリームゲーム

スタートはマイクロメタルバイブ2.5gのものを使用していく。水深的にもう少し軽いものでもいいのだが、魚の反応を手返しよく見るために、キワに投げては少し速めの巻きスピードを出しながら探った。

乗せきれないアタリがちょこちょこ。食い気は多少あるが、そんなに大口開けて食ってこないか、この活性では重すぎて口に入らないかだ。調整が難しい。

と、思っていたらキワに張っていたラインが前に動いていった。考えているあいだに乗っていたのだ。引きが軽いなー、と思いながら上がってきたのは小キビレ。タモ不要で抜き上げると、すぐにハリが外れた。やはり低活性時の食い方だ。

大阪湾アジングで10cm以下豆アジ ボトム周辺の「ふわ釣り」でヒットハリが外れたキビレ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ワームでもう1尾

だんだんと海が暗くなってきて、メタルの光量がきつくなってきたかなというタイミングでワームにチェンジ。シルエットがしっかり出るようなバグ系のワームでボトムを主にやっていく。ただこれもじゃれつくようなアタリばかりで乗せきれない。いろんなワームを試したが、最終的にはメバル用の2inchワームでなんとか乗せた。

大阪湾アジングで10cm以下豆アジ ボトム周辺の「ふわ釣り」でヒットまたしても小キビレ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

うーん。今年のライトブリームは型が出ないから楽しくないなあ。なんでだろう。

アジングに切りかえ

足元のアタリがストップしたところで、アジングに切りかえた。リールのスプールを、エステルラインを張った1000番にかえて、アジングロッドにつけなおす。ひとつのリールでPEとエステルの釣りができるのは便利だが、今日くらいしっかりとサオを二本持って釣り分ける日は、やはりもう一台リールがあった方が便利だなとふと思う。

ジグ単の釣り。おそらくこの時期なのでまだ豆アジだが、まず、ワームは大きめのものを試していく。アタリが出るかどうか、つまりいるかどうか確かめたい。2inchワームで目立たせてサーチしていく。うん、いくつかアタった。しかも、感触的にアジっぽい。いやわかんない、サバかもしないけれど。

やはり魚が小さいようなので、リグのサイズ調整。そしてレンジを刻んで慎重にいく。アタる方向がまばらだ。しかし、だんだんとレンジが読めてきた。ほとんどボトム上でしか触らない。1gで20カウントほど沈めてボトムを切りながらふわ釣りしていると、やっとヒット。小さいアタリだったが、深いレンジで食わせている分、しっかりとアワセもいれた。

大阪湾アジングで10cm以下豆アジ ボトム周辺の「ふわ釣り」でヒット南港でアンダー10今秋初(提供:TSURINEWSライター井上海生)

やっと獲れた。ああよかった。このドラグ音は福音だ。しかしこいつも上げた瞬間にハリが外れた。悪い潮のときはこういう食い方になるんだな、としみじみ思う。難しかったー。

潮止まり前ぎりぎり。執念の釣りも報われて、ここでストップとする。

次のページで大阪湾奥でもアジングシーズン開幕?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。