陸っぱりから大型の高級魚が狙える『ノマセ釣り』4つの釣法を徹底解説

陸っぱりから大型の高級魚が狙える『ノマセ釣り』4つの釣法を徹底解説

大阪湾や紀北、兵庫県下など、今年はサビキ釣りで小アジや小サバが盛況だ。例年ならアジやサバに加えて間もなくイワシも交じってくるシーズン。こうなると、これらをエサとする大型の肉食魚(フィッシュイーター)たちが動き出す。今回は波止から狙える大型肉食魚を釣るためのノマセ釣りをテーマにしたい。ターゲット別の4大釣法を徹底的に解説だ。

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

高級魚揃いの釣りにチャレンジ

フィッシュイーターの代表魚といえば、スズキ、ヒラメ、マゴチ、ブリなどの青物が思い浮かぶし、根魚であるガシラやアコウ(キジハタ)なども小魚などを補食する魚として知られる。そんな魚の共通点は「高級魚揃いである」こと。ま、ゲストには嫌われ者のエソなどもいるが、これはさておき・・。

そして、案外、近場の波止やサーフなどからの釣りでこれら高級魚が釣れちゃうのが、生きた小魚をエサにして、これらフィッシュイーターを狙う「ノマセ釣り」である。

ベストシーズンは夏~秋

シーズン的にはターゲットをかえれば、ほぼ1年中、なにかしら狙える釣りではあるが、ベイトフィッシュ(エサとなる小魚)が多い夏から秋にかけてがベストシーズンと言える。

陸っぱりでのノマセの釣り方は

・投げ釣り、ブッ込み釣りなどのスタイル
・ウキ釣りスタイル
・胴つき探り釣りスタイル
・エレベーター釣法

が4大釣法と言える。ここでは、これから試して欲しい4つの釣法について、それぞれの主なターゲットや狙い方などを解説したい。

1.投げ釣りスタイル

釣りを知っている人なら、なじみであろう投げ釣り。投げ釣りとひと口に言っても、ターゲットによってかなりの違いがある。投げ釣りのスタイルで狙うターゲットはずばり、マゴチ、ヒラメがメイン。

基本的にマダイやチヌなどの一発大物を狙った遊動式の仕掛けが定番となるが、こちらは生きた小魚に食いついてきた魚をしっかりと掛けたいため、孫バリ仕掛けがオススメだ。

陸っぱりから大型の高級魚が狙える『ノマセ釣り』4つの釣法を徹底解説投げノマセ仕掛け(作図:TSURINEWS関西編集部・松村)

孫バリ仕掛けとは、1本のハリスに親バリ(大物に掛けたいハリ)と孫バリ(エサの小魚をホールドするためのハリ)が付いた、いわば2本バリ仕掛け。ヒラメに代表されるようにけっこう歯が鋭い魚が多いのでハリスはかなり太めを使用する。

全体に太仕掛けとなる分、根掛かりがあるような岩礁帯などでは釣り辛い事も多くなる。ベテランになるとその辺りの消耗戦も慣れてはくるのだが、入門者にはちょっと厳しい。この釣りは基本的に砂泥底でのヒラメやマゴチをメインとした釣りと覚えておきたい。

陸っぱりから大型の高級魚が狙える『ノマセ釣り』4つの釣法を徹底解説さあ、竿よ舞い込め!(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

さて、投げ釣りスタイルでのノマセ釣りのエサはアジが圧倒的に多いだろう。波止なら早朝からサビキ釣りセットを用意して、エサのアジを釣って置く。アジは電池式のエアレーションを入れた生かしバッカンに入れるか、波止なら網のフタがをファスナーで閉じられるようなタイプの水汲みバケツがあれば、アジを入れて海に沈めておけば元気なまま使える。

この釣りでは生きたアジをハリに掛けてから「投げる」のを基本とするため、投入時にアジがハリから外れないようにセットする必要がある。基本的には鼻掛けとする。親バリをアジの片方の鼻の穴から入れて反対側に貫通させる。そして、孫バリは第一背びれの付け根に軽く刺すといい。

ちなみにイワシの場合は、鼻が軟らかいので下アゴから上アゴにハリを抜くアゴ掛けにするといい。

2.ウキ釣りスタイル

その名の通り、ウキ釣りでのノマセ釣りだ。投げ釣りに対して、仕掛けを上のタナでも設定できるのと、魚がウキを引っ張って泳いでくれれば広い範囲を探る事ができる利点がある。メインのターゲットはスズキ、青物など中層などに回遊する魚。

陸っぱりから大型の高級魚が狙える『ノマセ釣り』4つの釣法を徹底解説代表的なターゲットはスズキ(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

ウキ釣りだが、オモリは最大5号以上も使うので、それにあった浮力のウキが必要だ。簡単なのは飛ばしサビキ用のウキを代用する事だが、発泡製の中通しウキが糸絡みなどのトラブルが少なく使いやすい。

陸っぱりから大型の高級魚が狙える『ノマセ釣り』4つの釣法を徹底解説ウキノマセ仕掛け(作図:TSURINEWS関西編集部・松村)

ウキでタナを固定するので、道糸に付けるウキ止めが必要だ。また、仕掛けは投げ釣り同様孫バリ仕掛けでもいいが、魚が食いつくまで引っ張っていかせる事も簡単なので1本バリでも構わない。中層を釣る場合、アジが泳ぎやすいように背掛けで狙うのが一般的。アジの第一背びれ(背びれの一番頭よりの部分)の付け根が硬いので、そこにハリを刺す。

釣り方としては、広範囲に探る事とアタリがあってもじっくり我慢して、完全にエサを飲み込ませる事が重要だ。アタリがなければ、タナをかえるなど、垂直方向&水平方向の探り方が必要。

次のページで胴突きとエレベーター仕掛けを解説