東京湾タイラバ釣行で2.5kg頭にマダイが連発 波動&音が出るヘッドにアタリ集中

東京湾タイラバ釣行で2.5kg頭にマダイが連発 波動&音が出るヘッドにアタリ集中

年の瀬が迫った12月25日。マイボートで東京湾タイラバ釣行をして、本命のマダイ2匹とクロダイを1匹キャッチできたのでレポートする。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山下洋太)

Avatar photo
山下洋太

フィールドは三浦半島及び伊豆半島の地磯。ターゲットはロックフィッシュ。年間釣行回数は300回以上。

×閉じる

船釣り ボート釣り

当日の状況とタックル

12月25日の7時~12時に釣行。潮回りは中潮(満潮7時13分、干潮12時15分)で、天候は晴れ。北風3~4mの状況だ。

当日のタックル

6ft6inchのSULクラスのしなやかなロッドに150番の両軸リールを用意した。メインラインにPEライン0.8号を使用し、リーダーはフロロカーボン3号をFGノットで結束した。タイラバのヘッドは60~120gまで用意。ヘッド、ネクタイともにオレンジ、レッドを中心にセレクトした。

当日の作戦

12月に入り、徐々に水温が落ちてきた。そのため、マダイが深場へと移動をし始めていると予測し、40~80mまでの比較的深場を探ることにした。またここ最近波動が強めでハイアピールするネクタイへの反応がいいため、波動系のネクタイを多めに用意しておいた。

水深50mラインから釣りをスタート

ベイサイドマリーナから船を走らせて約20分の位置にある猿島沖から釣りをスタート。水深は50mあり、海底の地形が複雑に変化するポイントを選択した。まずは80gのヘッドに強波動のネクタイ1本つけたセッティングを試してみることに。ひと流し目は同船者に大型のマダイと思われるヒットがあったがバラシ。よさそうな予感がする。

波動&音が出るタイラバに変更

流しかえるタイミングで2つのヘッドがぶつかって音を出し、かつ太めのネクタイで強くアピールできるタイラバに変更。すると1投目からコツコツとアタリが出始める。何回か上げ下げしていると、いきなり重たくなりヒット。鋭い引きを見せながら上がってきたのは1.5kgのマダイ。開始早々ヒットして、この後も期待できそうだ。

東京湾タイラバ釣行で2.5kg頭にマダイが連発 波動&音が出るヘッドにアタリ集中早々にマダイをキャッチ(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

2.5kgのマダイをキャッチ

何度か流しかえていると同じポイントでマダイらしきアタリを捉えた。丁寧に探っているとまたもドンっといきなり重たくなりヒット。先ほどよりも強い引きでサイズに期待できそうな予感。丁寧にやり取りして上がってきたのはサイズアップの2.5kg。これまた波動と音でアピールできるタイラバでのヒットであった。

まさかのクロダイもゲット

引き続きマダイが2匹釣れたあたりを丁寧に流すと、またもヒット。鯛特有の三段引きで、またもマダイがヒットした予感。しかし、上がってくるとまさかのクロダイ。45cmほどあるナイスサイズで、盛り上がりに拍車をかけた。

東京湾タイラバ釣行で2.5kg頭にマダイが連発 波動&音が出るヘッドにアタリ集中クロダイも追加(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

深場ではノーバイト

猿島沖のポイントでは反応がなくなったため、浦賀沖の60~80mほどのポイントを転々としてみた。しかし、まったくと言っていいほど何もアタリがなく、ここでストップフィッシングとした。

次のページで釣果につながったポイントを紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。