オフショアジギング釣行で寒鰤に挑戦【鳥取・海咲丸】 大型青物不発も50cm甘鯛手中

オフショアジギング釣行で寒鰤に挑戦【鳥取・海咲丸】 大型青物不発も50cm甘鯛手中

2022年も残りわずかになった12月27日、鳥取県境港から遊漁船・海咲丸さんにて出船し、島根半島沖合い青物、根魚ジギングに行ってきました!当日はなかなか難しい状況もあり一筋縄ではいかなかったですが、釣行の様子をお伝えしたいと思います。

鳥取県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター加藤隆太)

加藤隆太

×閉じる

ソルトルアー オフショア

年末寒鰤チャレンジ!

今回の釣行目的は年末ということもあり、なんと言っても正月のおせち用に寒鰤です。寒くなると鰤は脂が乗って10kg近くなると腹身だけでなく背身まで脂が入りどんな料理でも絶品です。

出船は海況次第

ここ数年、年末近くに予約を入れるも冬の日本海はやはり時化が多いです。12月も時化続きで4日前に長期予報を見た段階で行けそう!と思い予約を入れました。ただその日から予報が二転三転。前日ギリギリまで船長は悩んでおられましたが、風も波も落ちていく予報だったので、近場からでもということで出船が決まりました。

当日の状況

AM6時に港集合になり、続々と乗り合いの方々も集まってこられました。荷物の積み込み、名簿の記入も終わりまだ暗い中のAM6時30分に出港になりました。

境港から出船すると美保湾内を通って外海に出ます。半島を周り外海へ出るとやはり前日までの風の影響で大きなウネリは残っていますが、走れないような波ではなく、目的のポイントに向かって順調に航行できました。

当日の天候は曇りの予報、前日までは風も強く波も高い状況でしたが、出てみると晴れ時々曇りで、風も波も予報通り落ち着いていきました。当日は満員の8人乗り合いで出船になりました。皆さん鰤用で大型クーラーを積込まれていますが、船も大きいので釣り座は広々と使えます!

オフショアジギング釣行で寒鰤に挑戦【鳥取・海咲丸】 大型青物不発も50cm甘鯛手中当日の海況(提供:TSURINEWSライター加藤隆太)

当日の作戦&タックル紹介

今回のメインターゲットは寒鰤!ということで、まずは青物メインでジギングからスタートし、反応や状況を見ながら根魚へシフトしていく予定です。今回持ち込んだタックルは青物2セット、根魚2セットの計4セットでした。4セットの内メインとなるタックルの紹介をします

青物用タックル

ロッド:ギャラハド633S
リール:ツインパワー8000PG 
ライン:PE4号、リーダー80lb
フック:カルティバ ロック9/0 自作アシスト
ジグ:150g~200g

根魚用タックル

ロッド:BLACKJAGUAR ORIGIN Spinegi UL
リール:ツインパワー4000XG
ライン:PE1.5号 リーダー40lb
フック:カルティバ ジガーライト3/0 自作アシスト
ジグ:100g~150g

次のページで釣りの模様をリポート

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。