船エギタコ釣りで4.2kg大型マダコ堂々浮上【茨城】 2kg級良型が続々

船エギタコ釣りで4.2kg大型マダコ堂々浮上【茨城】 2kg級良型が続々

茨城・鹿嶋新港の桜井丸で、正月用のマダコを釣りに行ってきた。当日は、エギタコで渡りの大ダコ狙い、船中ダブル、トリプルヒットも連発。4.2kg大ダコも上がった釣行をレポートする。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・大村 隆)

Avatar photo TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

桜井丸でマダコ釣り

「正月用のマダコを釣りに行く」と言う釣友たちに同行し、12月8日(木)に茨城・鹿嶋新港の桜井丸を訪れた。

船エギタコ釣りで4.2kg大型マダコ堂々浮上【茨城】 2kg級良型が続々鹿嶋新港周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版APC・大村 隆)

当日のタックル

5時に受け付けを済ませた総勢16人のアングラーが、大型船の左右舷に8人ずつに分かれて乗り込んでいく。釣友たちは右舷トモ寄りに入り、私は同舷の胴の間に座ってタックルの準備に取りかかる。

船エギタコ釣りで4.2kg大型マダコ堂々浮上【茨城】 2kg級良型が続々エギタコタックル例(作図:週刊つりニュース関東版APC・大村 隆)

当日は省エネで良型に対応するため、コンパクトで軽量ながら強力なBMOリチウムイオンバッテリーをセット。

船エギタコ釣りで4.2kg大型マダコ堂々浮上【茨城】 2kg級良型が続々当日のタックル(提供:週刊つりニュース関東版APC・大村 隆)

根掛かりに注意

5時20分、大川真一船長の操船で桟橋を離れて北上開始。天候は晴れ。北西の微風で海上も穏やかだが、かなり寒い。航程30分、ようやく東の水平線が薄紅色にうっすらと染まるころ、ポイントに到着。

「はい、いいですよ。水深は28m、根周りだから根掛かりに注意してください」とのアナウンス。竿の弾力を活かしてエギとオモリを前方へ軽く振り込む。ミチイトは船底へ向かって斜めに伸びていく。あまり出し過ぎると、反対舷の人とオマツリしてしまうので要注意。

着底したらイトフケを取り、オモリを底から離さずに竿先をシャカシャカと小刻みにシャクってエギを躍らせてアピール。根掛かりを恐れて底を切ると、タコは乗ってこない。まだ周囲が暗いので、仕掛けに紫色発光の水中ライトを加えたが、効果は現れない。

船中第1号は2kg本命マダコ

すっかり明るくなったころ、ふとトモを見ると、釣友の町田さんが湾曲した竿を抱えて巻き上げている。タモを手にした仲乗りが駆けつけ、やがて海面を割ったのは2kgほどの本命。船中の第1号を掲げてくれた釣友は「幸先よし」の笑顔。

船エギタコ釣りで4.2kg大型マダコ堂々浮上【茨城】 2kg級良型が続々第一号をゲットした町田さん(提供:週刊つりニュース関東版APC・大村 隆)

次はミヨシの遠山さんが仁王立ちになり、竿を円弧にして懸命に巻き上げている。竿はかなり曲がりを深めているので、こちらも良型を期待。

すぐに船長が飛んできてタモを伸ばし、良型本命をすくい上げた。遠山さんは「昨年も大型を釣り、つりニュースの表紙を飾っていただきましたよ」とニッコリ。

船エギタコ釣りで4.2kg大型マダコ堂々浮上【茨城】 2kg級良型が続々遠山さんも良型ゲツト(提供:週刊つりニュース関東版APC・大村 隆)

次のページで船中大型マダコが続々

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。