ボート釣り愛好家が教える【最高強度を誇る『イモムシノット』結び方】

ボート釣り愛好家が教える【最高強度を誇る『イモムシノット』結び方】

私のフィールドは瀬戸内海東端の播磨灘、ひとり気ままなボート釣りのシーンで失敗から学んだ播磨灘ノウハウです。今回は、ルアーゲームでリングやスイベルへのリーダーのノットで、最強の結束強度があり、結び方も容易で単純な「イモムシノット」です。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター丸山明)

丸山明

ゴムボートから始めたボート釣りも25年を過ぎ、もうover60です。釣りを極めたいです。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

使用するシーン

青物狙いの2号ラインタックルのロッドを両手で握って引っ張り合いをするサイズが出てくると、このノットの出番が近づきます。PEライン2号ならば、東田結び+ハーフヒッチで対応できますが、いよいよ晩秋のブリ狙いとなると3号ラインタックルを使います。ここでは、このノットで力勝負です。

サワラが多い場合は、歯の影響を少しは防ぐためにも、編み込みを多くして対応します。

欠点

このノットの最大の欠点は、ジギングで、根掛かりさせたら十中八九リーダーは失います。しかし、リーダーが10号以上あると切るのもたいへんで、PE3号にリーダー14号などとなると、スプールロックがないとケガをしそうになります。

着底に全神経を集中して、ハンドルの位置もすぐにクラッチを入れて巻ける体制で待ち構えます。特にリアフック装着の場合はリスクがあります。ですから、もしもの場合に備えて、時合いでは、ラインシステム作成はできないので、予備のタックルは時合いを逃さないためにもスタンバイさせます。

誰にでも簡単に作れ、結束の優劣が出にくく、その最高強度のある、このノットをお試しください。

<丸山明/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。