鈴鹿沖のボートエギタコ釣行で1kgオーバーマダコ5匹に大満足

鈴鹿沖のボートエギタコ釣行で1kgオーバーマダコ5匹に大満足

梅雨真っただ中のこの時期の楽しみといえば、鈴鹿沖のマダコ釣りだ。今回は短時間の釣行ではあったが、サイズの良い1kgオーバーのマダコ5匹。お土産には十分の釣果となった。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

試行錯誤して追加

アタリがあったポイントを何度も流すが、船の流れ方が若干違うのか、マダコの数が少ないのか分からないが、反応がなくなってしまった。ふと沖を見ると、多くの船が集まっている所がある。

鈴鹿沖のボートエギタコ釣行で1kgオーバーマダコ5匹に大満足沖のポイントには多くの船が集まっていた(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

普段は船が多い場所へは行かないが、反応が少ないため様子を見に行くと、他船はポツリポツリとヒットがあるようだ。

普段なら2個使用するタコエギを1本にして丁寧に狙うと、この選択が良かったのか、すぐにヒット。

鈴鹿沖のボートエギタコ釣行で1kgオーバーマダコ5匹に大満足1本掛けでタコ追加(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

よく釣れているときはタコエギの色や種類などは気にする必要がない場合が多いが、やはり反応が悪いときは試行錯誤することが釣果につながることが多く、当日も色のローテーションを行い、さらにマダコを追加することができた。

鈴鹿沖のボートエギタコ釣行で1kgオーバーマダコ5匹に大満足情報通り今年はサイズが良い(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

当日の釣果

当日の釣果は短時間の釣行ながら1kg超のマダコ5匹。お土産には十分な釣果となり、大満足で港へ戻った。

鈴鹿沖のボートエギタコ釣行で1kgオーバーマダコ5匹に大満足当日の釣果(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

<週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年7月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。