千葉の陸っぱりハゼ釣りで良型21尾 アタリ多数で2022年は期待大?

千葉の陸っぱりハゼ釣りで良型21尾 アタリ多数で2022年は期待大?

7月7日は、千葉県市川市にある行徳港にハゼ狙いで釣行。アタリが遠のいてきたときは移動して、3時間ほど楽しみキープは14.5cmを頭に21尾だった。良型が順調に釣れた釣行の模様をリポートする。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・澤田朝寛)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

行徳港でハゼ釣り

7月7日(木)、千葉県市川市にある行徳港にハゼ狙いで釣行した。当日は曇りで、連日の真夏日がひと段落して北風がやや強く吹く予報。潮回りは小潮、10時56分に140cmで満潮になる予定。

千葉の陸っぱりハゼ釣りで良型21尾 アタリ多数で2022年は期待大?釣り場の様子(提供:週刊つりニュース関東版 APC・澤田朝寛)

満潮直前で釣り人も数人

10時ごろ到着すると、平日にもかかわらずハゼ釣りを楽しむ釣り人が数人いる。満潮直前で潮位もいい感じなので準備を進める。

千葉の陸っぱりハゼ釣りで良型21尾 アタリ多数で2022年は期待大?釣り場周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版 APC・澤田朝寛)

針サイズ上げ型狙い

0.5号のオモリを使って、青イソメをエサにしたミャク釣り仕掛け。開始直後はアタリが少なく苦戦。移動しながらアタリがある場所を集中的に狙う。しかし、釣れるハゼのサイズが小さく、小型はリリースする。

型のいいハゼを狙うため袖バリ6号に変更。小型からのアタリで抜けることはあったが、辛抱しながら釣り続ける。

千葉の陸っぱりハゼ釣りで良型21尾 アタリ多数で2022年は期待大?ミャク釣り仕掛けで狙う(提供:週刊つりニュース関東版 APC・澤田朝寛)

下げ潮に転じて活性アップ

満潮から下げ潮になるとハゼの活性が上がってきた様子で、プルプルというアタリが多発する。釣れるサイズも10cmを超える良型が交じるので楽しい。

良型の連続ヒットがあり、順調に数を伸ばしていく。途中でチンチン(クロダイの幼魚)などの珍しいゲストも登場した。

千葉の陸っぱりハゼ釣りで良型21尾 アタリ多数で2022年は期待大?当日最大の14.5cm(提供:週刊つりニュース関東版 APC・澤田朝寛)

次のページで当日の最終釣果を発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。