鈴鹿沖のボートエギタコ釣行で1kgオーバーマダコ5匹に大満足

鈴鹿沖のボートエギタコ釣行で1kgオーバーマダコ5匹に大満足

梅雨真っただ中のこの時期の楽しみといえば、鈴鹿沖のマダコ釣りだ。今回は短時間の釣行ではあったが、サイズの良い1kgオーバーのマダコ5匹。お土産には十分の釣果となった。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

鈴鹿沖でマダコフィーバー

今年は記録的な早さで梅雨が明けた。本来なら梅雨真っただ中のこの時期の楽しみといえば、鈴鹿沖のマダコ釣りだ。しかし今年は日程を確保できず釣行できずにいた。

7月2日は午後から日本海のイカメタル釣行を予定しており、タコ釣りには行けそうになかったが、イカメタル釣行に同行する橋本さんから「イカメタルの前に朝からタコ釣りに行かないか」と誘われ、強行日程となるが釣行した。

当日のタックルは、ジギングロッドに両軸リール。ラインはPEライン3号にリーダー30lbをセット。タコエギは個人的に実績十分のマダクLを2本掛けし、オモリ15号をセットした。

鈴鹿沖のボートエギタコ釣行で1kgオーバーマダコ5匹に大満足使用した仕掛け(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

1kg超え良型マダコキャッチ

午前5時に集合、準備を済ませて出船する。

まずは先日よく釣れたという千代崎港の沖、水深6m付近からスタート。今年のマダコは、数は少ないが釣れればサイズが大きい。少ないアタリをしっかり取っていきたいところだが、なかなかアタリが出ない。

しばらくすると穂先に重みが乗り、タコ特有の引き込み。しっかり送ってアワセを入れる。ところがPEラインが傷んでいたのか、PRノットの50cmほど上で高切れしてしまった。マダコ釣りではタコエギを2本使っているため、ロストも当然2本同時。2倍のダメージだ。

ラインシステムを組み直して釣りを再開する。しばらくして橋本さんにヒット!ロッドが大きく曲がっている。

鈴鹿沖のボートエギタコ釣行で1kgオーバーマダコ5匹に大満足橋本さんにヒット!(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

やはり今年のマダコはサイズがいいようだ。当日の1匹目ということもあり慎重に引き寄せて取り込んだのは、優に1kgを超える良型のマダコだった。

鈴鹿沖のボートエギタコ釣行で1kgオーバーマダコ5匹に大満足幸先良く1kgオーバー(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

立て続けに3匹ゲット!

さらに浅場のポイントに移動すると、私のサオにアタリがきた。

鈴鹿沖のボートエギタコ釣行で1kgオーバーマダコ5匹に大満足苦戦しながらまず1匹ゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

無事に取り込むと、次の1投でもヒット!ここで立て続けに3匹のマダコを釣り上げることができた。

鈴鹿沖のボートエギタコ釣行で1kgオーバーマダコ5匹に大満足そして連続ヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

次のページで試行錯誤で追加!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。