タイのエビ釣りはまるで殿様気分? 釣果はその場で絶品タイ料理に変身

タイのエビ釣りはまるで殿様気分? 釣果はその場で絶品タイ料理に変身

バンコク市内から車で15分、夕涼みにのんびりエビ釣りを楽しんできたので、その模様をリポートする。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

前島宣秀

年間釣行80日、北海道から沖縄まで食べたい魚は自分で釣り歩く、ダイワ大好き釣りバカオヤジです。

×閉じる

海釣り施設 海上釣り堀

バンコクのエビ釣り

タイの人々はエビが大好き。料理も釣りも大好きなのだから両方を一緒に楽しめる場所もある。一人でも家族でも気軽に楽しめる。

当日は全員日本人で観光、駐在員の方々がご家族連れで何組か来られていた。

タイのエビ釣りはまるで殿様気分? 釣果はその場で絶品タイ料理に変身タイのエビ釣り堀(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

至れり尽くせりの大名釣り

釣りのシステムは至って簡単、店に入ると人数を聞かれる。日本語が少しわかる方もいらっしゃるが、タイ語で言われても釣りをする人数を指で示せば席に案内される。座っていると、竿、エサの鳥ハツ、おしぼりを前に置かれて、エサはつけてくれ釣り開始。飲み物が欲しければ持ってきてくれ、無くなれば足してくれる。

タイのエビ釣りはまるで殿様気分? 釣果はその場で絶品タイ料理に変身エサとタックル(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

テナガエビが釣れれば、店の方がすぐにやってきてハリを外して網に入れてくれる。そしてまたエサを付けてくれる。このシステムなので当然のことながら、仕掛けが絡んだり、ハリが外れても何から何までやってくれる大名釣り。これを釣りというかはわからないが、お殿様になった気分が味わえる。

釣り方

釣り方は、ウキがゆっくりと沈んだり、じわりじわりと動いたりする。ハサミに挟んで口に運ぶので、ウキが動いたとしてもすぐに上げてはかからない。ウキが動き出しだしたら少し様子を見ながら、サオをゆっくりと聴きあげてハリに掛かっていたらサオが大きくしなり、後はまず外れることはない。

タイのエビ釣りはまるで殿様気分? 釣果はその場で絶品タイ料理に変身キャッチしたテナガエビ(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

スレ対策

また、水槽はとてもきれいでエビがよく見えるが、すれているのであろう、エビの前にエサを落としてもエビが後ずさりしていた。よく釣れたのは水槽内にあるブクブクの上にエサを落として自然にエサを落とすとよく釣れたので参考にしていただきたい。

タイのエビ釣りはまるで殿様気分? 釣果はその場で絶品タイ料理に変身釣り場の様子(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

次のページで釣ったエビで作ったタイ料理を満喫!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。