琵琶湖&流入河川でハスゲーム堪能 小アユ釣りとセットで楽しさ倍増

琵琶湖&流入河川でハスゲーム堪能 小アユ釣りとセットで楽しさ倍増

空梅雨や季節外れの暑さ、寒さでさまざまな釣り物のシーズンインが遅れていた滋賀県の琵琶湖だが、梅雨が明けて本格的な夏の到来とともににぎやかになってきた。ルアーフィッシング入門に最適なハスゲームも、湖北、湖東エリアで好調の報が聞こえてくるなか、フィッシングタックル・カリプソの大宮店長とともに、高島市の知内川周辺へ出かけた。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 小魚釣り

知内浜でハスゲーム釣行

今回はハスゲームを楽しんだ後に、おいしい小アユも釣って昼に唐揚げにして食べようという企画。

午前5時に知内浜オートキャンプ場で大宮さんと待ち合わせ、前日からキャンプ場で宿泊していた長谷川さん一行と合流。早速タックルを準備して浜へ向かった。

琵琶湖&流入河川でハスゲーム堪能 小アユ釣りとセットで楽しさ倍増浜の様子(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

ボイルは産卵行動?

今回は可児市の女性アングラーの青木さんも同行。ハスゲームはビギナーだが、やる気満々で浜からキャストを開始した。

朝はあちこちでボイルが確認できるが、大宮さんによればこのボイルは捕食ではなく、ハタキと呼ばれる産卵行動なのだとか。

琵琶湖&流入河川でハスゲーム堪能 小アユ釣りとセットで楽しさ倍増釣り場の様子(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

同行者にニゴイ

その言葉通り、なかなかヒットが遠い。それでも早々にサオを曲げたのは大宮さん。だがドラグを鳴らしまくってギュンギュン走りまくったのは、定番ゲストのニゴイだ。これはこれで釣って楽しいターゲット。

大宮さんいわく、「ジャパニーズターポンです」。

琵琶湖&流入河川でハスゲーム堪能 小アユ釣りとセットで楽しさ倍増ジャパニーズターポンがヒット(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

隣のアングラーに待望のハス

それぞれひざぐらいまで水に浸かってキャストしているが、これがとにかく涼しい。早朝でも結構な蒸し暑さだったのだが、快適に釣りを楽しめる。

すると隣でキャストしていたアングラーに、待望のハスがヒット。さらに小ぶりのニゴイも連続ヒットし、してやったりだ。

一方の青木さんは苦戦が続くが、ようやくロッドがド派手に曲がった。ドラグがうなりを上げ、ラインが水面を切り裂く。これは…やっぱりのニゴイだったが、この日初ヒットに青木さんは満足顔だった。

琵琶湖&流入河川でハスゲーム堪能 小アユ釣りとセットで楽しさ倍増青木さんファーストヒットはニゴイ(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

ゲリラ豪雨の後は百瀬川へ

ここで怪しげだった空から大粒の雨が落ちてきた。遠くでも雷も鳴っている。すぐにゲリラ豪雨並みに降りそうな感じがしたので、大宮さんから「いったん休憩しましょう」との言葉。

それぞれ車やテントの中に避難したと思ったら、前が見えないほどの豪雨になった。取りあえず待機を余儀なくされたが、1時間もしないうちに雨は小康状態になった。

ここで大宮さんと青木さん、私の3人ですぐ隣の百瀬川へ様子を見に行くことにした。現場に到着すると、水は濁り気味だがそこまで状況は悪くなさそう。時折ハスらしきモジリも見える。

琵琶湖&流入河川でハスゲーム堪能 小アユ釣りとセットで楽しさ倍増百瀬川では大宮さんが見事ハスをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

次のページでは小アユ釣りの模様をリポート

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。