船橋港でのハゼ釣りで本命30尾 干潮タイミングで活性アップ

船橋港でのハゼ釣りで本命30尾 干潮タイミングで活性アップ

6月8日(水)、千葉県船橋市の船橋港へハゼ釣りに出かけた。アタリはあるものの掛けるのに苦戦したが、潮が下げると活性が上がり、最終的に30尾超のハゼをゲットできたので、その模様をリポートする。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・大熊規男)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

潮が引くと活性上昇

最初の目標の10尾まではかなりの時間を要したが、そこからは少しピッチが上がり13時には20尾は超えた。

腹が空いてきたので、14時を納竿と決めてラストスパート。潮が引いてくると活性が上がったのかヒット率が上がり、14時前に30尾を超えたので納竿した。次回はもう少し大きくなったころに訪れようと帰路についた。

船橋港でのハゼ釣りで本命30尾 干潮タイミングで活性アップ当日の釣果(提供:週刊つりニュース関東版APC・大熊規男)

<週刊つりニュース関東版APC・大熊規男/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
船橋港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年6月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。