遠征釣行の【荷物運搬方法の裏技】を大公開 行きと帰りでは全く別?

遠征釣行の【荷物運搬方法の裏技】を大公開 行きと帰りでは全く別?

遠い離島へ釣りに行ってみたい!だけどロッドを含めたタックルはどうやって持っていけばいいんだろう?そんな疑問にお答えします。今回は初めて行った沖縄遠征釣行で私がやってみたロッドやタックルの裏技的運搬方法、様々な注意点などをご紹介します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターShinchan)

Shinchan

Wしんちゃん代表!びわ湖のほとりに住むスクイッドアングラー!イカメタルにティップラン、年中イカ釣りを楽しんでいますがたまにライトジギングやります! メインフィールドは三重の五ヶ所湾~紀伊長島、日本海は小浜~敦賀~越前茱崎など! 釣行記に限らず様々な情報を発信出来ればと思います!

×閉じる

その他 お役立ち

ロッドは機内預入を利用

遠征釣行で1番悩むのがロッドの運搬だと思います。とくにワンピースロッドは長さもあり送るとかなり割高になる上、送れる宅配業者も限られています。ロッドは丈夫なロッドケースに入れ、機内預入を利用すれば問題なく持っていけますのでおすすめです。

遠征釣行の【荷物運搬方法の裏技】を大公開 行きと帰りでは全く別?ロッドケースは機内預入を利用(提供:TSURINEWSライターShinchan)

ロッドケースに釣り具も入れる

この時、ロッドケースにできるだけ小物を入れてしまいましょう。私の場合、ライフジャケットやハサミ、アルミホイルなどを入れておきました。ハサミやライフジャケットは手荷物で危険物になるからです。

遠征釣行の【荷物運搬方法の裏技】を大公開 行きと帰りでは全く別?隙間には釣具を入れた(提供:TSURINEWSライターShinchan)

帰りはダンボールを活用

釣行が終わり、帰る時は予め送った衣類や釣具をダンボール箱に詰めて自宅へ送ります。ダンボール箱は大抵のホテルで手配できます。衣類はホテルで洗濯しておけば奥様に怒られないので安心ですね(笑)!

遠征釣行の【荷物運搬方法の裏技】を大公開 行きと帰りでは全く別?帰りの荷物は段ボールに入れ発送(提供:TSURINEWSライターShinchan)

後はロッドと身の回りのものを入れたリュック、クーラーボックスは釣ったイカを入れて持ち帰りました。自宅へ送る方法もありますが、沖縄からだと到着が翌々日になりせっかく釣ったイカが傷んでしまうからです。帰りの事を考えて、荷物を入れる手段として私はあえてキャリーではなくバックパックを使用しました。これならクーラーボックスを引いて帰れるからです。

遠征釣行の【荷物運搬方法の裏技】を大公開 行きと帰りでは全く別?ホテルにて重さをチェック(提供:TSURINEWSライターShinchan)

次のページで荷物発送時の注意点を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。