遠征釣行の【荷物運搬方法の裏技】を大公開 行きと帰りでは全く別?

遠征釣行の【荷物運搬方法の裏技】を大公開 行きと帰りでは全く別?

遠い離島へ釣りに行ってみたい!だけどロッドを含めたタックルはどうやって持っていけばいいんだろう?そんな疑問にお答えします。今回は初めて行った沖縄遠征釣行で私がやってみたロッドやタックルの裏技的運搬方法、様々な注意点などをご紹介します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターShinchan)

Shinchan

Wしんちゃん代表!びわ湖のほとりに住むスクイッドアングラー!イカメタルにティップラン、年中イカ釣りを楽しんでいますがたまにライトジギングやります! メインフィールドは三重の五ヶ所湾~紀伊長島、日本海は小浜~敦賀~越前茱崎など! 釣行記に限らず様々な情報を発信出来ればと思います!

×閉じる

その他 お役立ち

荷物を送る時の注意点

往路でクーラーボックスにタックルや衣類を入れてホテルへ送る時には最大の注意が必要です。航空便には危険物が入っていると即座に船便に切り替わってしまいます。船便になると到着が遅れ、最悪釣りが出来なくなってしまいます。考えただけでゾッとしますよね。

私も最初クーラーボックスにライフジャケットを入れていましたがチェック段階でボンベに気づき慌てて出しました。他にはライン用スプレー、ライターなどの危険物、ハサミは大丈夫のようですが念の為出しました。とにかくグレーなものは入れない事です。

遠征釣行の【荷物運搬方法の裏技】を大公開 行きと帰りでは全く別?ライフジャケットはこの後取り出した(提供:TSURINEWSライターShinchan)

航空機で荷物を送る際の注意点は、各宅配会社や航空会社のホームページで確認することができます。

荷物を賢く運搬しよう

今回は遠征釣行時のロッドを含めたタックルの裏技的運搬方法や注意点をご紹介しました。遠征してみたいけど荷物がネックだよねって方に少しでもお役に立てれば幸いです。

個人的には遠征までいかなくても公共交通機関を使った釣行で応用できるかなって思っています。遠くて近い遠征釣行、少し足を伸ばして普段行けないエリアでの釣りを楽しんでみてはいかがでしょう。

遠征釣行の【荷物運搬方法の裏技】を大公開 行きと帰りでは全く別?那覇空港にて(提供:TSURINEWSライターShinchan)

<Shinchan/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。