泳がせ釣りはサビキ釣りとセットが楽しい3つの理由 釣る手順も解説

泳がせ釣りはサビキ釣りとセットが楽しい3つの理由 釣る手順も解説

大型魚が堤防から狙える泳がせ釣り。青物や根魚など、幅広い魚種が釣れます。そんな、泳がせ釣りは、サビキ釣りと併用すると効果的です。釣れる確率をアップできます。今回の記事では、泳がせ釣りとサビキ釣りの併用をテーマに解説します。堤防から大きな魚を仕留めたい方は、参考にしてみてください。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターあつ)

あつ

アウトドアライターのあつです。釣り歴は10年以上。ショアからオフショアまで幅広く釣りを楽しんでいます。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

泳がせ釣りはサビキ釣りと併用しよう

泳がせ釣りは、サビキ釣りと併用するといいです。大きな魚を仕留められる確率がグンと上がります。泳がせ釣り1本で狙ってしまうと、釣れる確率が低いです。少しでも釣れる確率を上げるためにも、サビキ釣りと一緒に行うようにしましょう。

泳がせ釣りとサビキ釣りを一緒にやる理由

泳がせ釣りとサビキ釣りを一緒にやる理由を解説します。まだ泳がせで釣ったことがない方は、ぜひご覧ください。

ベイトが集まりやすい

サビキ釣りをすると、大型魚のエサとなるベイトが集まりやすいです。青物や根魚は、ベイトがいる場所に寄ってきます。ベイトがいると魚のスイッチも入りやすいです。やる気のある魚が、泳がせのエサに食いつきやすくなります。

エサが確保できる

サビキ釣りをすれば、泳がせ釣りのエサを確保できます。泳がせ釣りは、エサの鮮度が命です。弱った魚を使用していると、食いつきが悪くなります。サビキ釣りをしていれば、常に新鮮な魚が釣れます。泳がせ釣りのエサをチェックして、こまめにかえるようにしましょう。

泳がせ釣りはサビキ釣りとセットが楽しい3つの理由 釣る手順も解説サビキで新鮮なエサをゲット(提供:TSURINEWSライターあつ)

遠投する必要がない

泳がせ釣りとサビキ釣りを併用すれば、遠投の必要がありません。ベイトが手前に集まるので、自然と大型魚も手前に寄ってきます。泳がせ釣りだけを行う場合は、少し遠投して狙う必要があります。投げる時にエサが弱ってしまうので、あまりよくありません。サビキ釣りと一緒に行い、近場で大物を仕留めるようにしましょう。

泳がせ釣りとサビキ釣りの順序を解説!

泳がせ釣りとサビキ釣りを行う順序について解説します。次回の釣行で取り入れたい方は、確認しておきましょう。

サビキで小魚を寄せる

最初にサビキ釣りで小魚を寄せましょう。ポイントは、コマセを多めにまく点です。視覚や嗅覚に訴えかけるので、魚が集まりやすくなります。寄せるのに時間がかかる場合もあるので、コマセは多めに準備するようにしてください。たくさんカゴに詰めたり、投げて撒いたりして小魚を集めるようにしましょう。

エサを釣って泳がせる

サビキ釣りでエサを釣りましょう。コマセに寄ってくれば、簡単に釣り上げられます。もし、釣れない場合には、ハリのサイズをワンサイズ下にしてみるのもおすすめです。小魚が釣れたら、泳がせ用のハリに掛けて泳がせましょう。サビキ釣りと近い場所でやると絡まってしまうので、少し離れた場所でやるようにしてください。

サビキ釣りをしながらバイトを待つ

泳がせ釣りを開始したら、バイトを待つだけです。基本的に放置しておくだけなので、サビキ釣りをして待ちましょう。アタリまでの暇つぶしができます。アタリがあったら食い込ませて、しっかりとフッキングするようにしてください。あとは、慎重にファイトして大物を仕留めましょう。

次のページでサビキと泳がせの併用で大物の確率アップ?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。