編集部チャレンジ!初のコマセマグロ&カツオ【神奈川県・まごうの丸】

前回のなかねボートでの釣果に気を良くし、第2回として選んだのはまさかのコマセ・マグロ&カツオ船!カツオ・マグロ船というと船釣りの最高峰。乗船するのは船釣りの猛者達。自分なんて乗船する資格ない。それが正直なイメージ。でもどうやらそんなことはないらしい。
コマセマグロ&カツオ攻略!ビギナーズラックの可能性も【キホン解説】
よし!ビギナーズラック目指してチャレンジしてみよう!といわけで、9月1日に編集部スタッフ3人と釣友の永井君の合計4人で神奈川県茅ヶ崎港のまごうの丸へ乗船した。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

続くビギナーズラック!

船長から「はい上げて」のアナウンス。

これは流し直すために船を動かす合図。出来るだけたくさん流せるように、スムーズに仕掛けを上げよう。

2流し目はハリスを2号分太くしてていざ投入。指示ダナで3回コマセを振って待つこと1分。

なんと再びヒット!竿先が一気に絞り込まれる。先程の教訓を活かす余裕などなく、再びゴリ巻き。巻けない時は竿を溜めてこらえる。

海面にビシが見えると中乗りさんがアシストしてくれた。

隣の永井君の仕掛けを巻き込みながら上がってきたのは50cmをゆうに超える本ガツオ!

人生初のこの瞬間はおそらく一生忘れないだろう

初カツオは一生モノの思い出だ!

3流し目でも再びヒット!

ところが、興奮はこれで終わらなかった。

3流し目でも再び竿が海面に突き刺さる。3回目となると、途中でオマツリをしたかどうかまで分かるようになってきた。オマツリした時はお互いに声を掛け合い、どっちが糸を出すかを確認しよう。

この時は同時ヒットした反対側の舷の方とオマツリしていた。それでも中乗りさんの助けで本カツオが無事ネットイン!

なんと3投で3ヒット2キャッチだ。これぞビギナーズラック!この時点で編集スタッフ2人も1本ずつカツオをあげ、なんと早々にグループで4本という目標をクリア出来た。

編集部スタッフもヒット!

エビングにマグロヒット!

船のみよし(船首)にはルアーマンが3人乗船していたが、このタイミングで一人にマグロがヒット。

今まで聞いたことのない甲高いドラグ音が鳴り響く。

マグロはファーストランがすごいとは聞いていたが、目の当たりにすると、その迫力は想像を遥かに超える。

ヒットさせていた釣り人が「でかい!」と叫ぶ。

固唾をのんで見守っていたが、ファーストランが止まらず、最終的に針が折られてしまったようだ。マグロ恐るべし。

西へ移動もアタリなし

アタリが途絶えたタイミングで西へ大移動。途中何度か投入の合図があるも、仕掛けを入れて1分もしないうちに「はい、上げてー」と船長。

なかなか群れが固まらないのだろうか。だが、これも高速で泳ぐマグロ・カツオを追うこの釣りならではの体験で新鮮だ。

次ページで怒涛のヒット到来!!!