編集部チャレンジ!初のコマセマグロ&カツオ【神奈川県・まごうの丸】

前回のなかねボートでの釣果に気を良くし、第2回として選んだのはまさかのコマセ・マグロ&カツオ船!カツオ・マグロ船というと船釣りの最高峰。乗船するのは船釣りの猛者達。自分なんて乗船する資格ない。それが正直なイメージ。でもどうやらそんなことはないらしい。
コマセマグロ&カツオ攻略!ビギナーズラックの可能性も【キホン解説】
よし!ビギナーズラック目指してチャレンジしてみよう!といわけで、9月1日に編集部スタッフ3人と釣友の永井君の合計4人で神奈川県茅ヶ崎港のまごうの丸へ乗船した。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

いざ出船!

6時にいよいよ茅ヶ崎港から出船。港を出ると、想像はしていたもののなかなかの波である。この波の中、湘南名物烏帽子岩を横目で見ながら船は江ノ島沖へ。

出船中

約40分ほど走ると減速。これが間もなく釣り開始の目安なので、このタイミングでビシにコマセを詰めていつでも投入出来るようスタンバイしておこう。

江ノ島沖には大船団とまではいかなくとも、すぐに船団が形成された。

船長から第1投目の合図が!

「はい、どうぞー。」と、船長から投入の合図。同時にタナもアナウンスしてくれるので、聞き逃さないように。

いよいよ初のマグロ・カツオ釣りのスタートだ。高揚した気分で仕掛けを投入。指示ダナで仕掛けを止め、徐々に誘い上げる。

2分後に「入ってくるよ!」と船長のマイクパフォーマンス。少し上げていたタナを元に下ろすと、ククッと反応が。と、次の瞬間、竿先が海面に引き込まれた。

初のやり取りの結末は?

まさかの1投目でのヒットに正直心臓はバクバクだ。

ゴリ巻きが基本と叩き込まれていたので、懸命にリールを巻く。10mほど巻いたところで、魚が下に突っ込む。いまだかつて味わったことのない力強い引きにアドレナリンが止まらない。

懸命に竿で耐えていると、フッと軽くなった。まさかのバラシである。巻き上げてみると、なんとチモトでハリスが切られていた。

周囲に見せると、マグロだったかもとのこと。せめて何回かカツオで練習してから掛かってきて欲しかった。

次ページでまさかの2投目でも!?