コマセ釣り攻略:コマセの種類とタナの取り方【イラスト付き解説】

大人も子供も初心者でも楽しめるコマセ釣り。使うコマセの種類や釣れる魚は様々。種類ごとの特徴や注意点と、基本的なタナ取りの方法を解説する。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

オキアミ

【オキアミとは?】

ステンレス管と相性が良い。

コマセで使用するオキアミはナンキョクオキアミまたはツノナシオキアミ。

姿かたちはエビに似ているがプランクトンの一種

他のコマセと異なり粒が大きく、付けエサも同じオキアミを使うということが多い。

【使用する釣り】

オキアミはエビではないが「海老で鯛を釣る」ができる。

マダイやワラサなどの青物、夏のキハダ。

静岡ではイサキ五目のなど

【ビシ】

プラビシはLサイズ以上が適合。

ステンレス缶タイプも一般的。

地区によっては「プラビシはLサイズまで」や「プラスチック製以外のカゴは使用禁止」としていることもあるので要確認。

【使用上のルール】

東京湾では、内房の一部などで使用禁止。

また剣崎地区では1~3月末までは使用禁止となる。

東京湾内では1日3kg(アミコマセと合せて5kgまで)と量も制限されているので、船長の指示に必ず従うこと。

アミ

【アミとは?】

プラスチックのビシを使うことが多い。

オキアミよりも小粒だが、こちらはれっきとしたエビの仲間で、正式にはアキアミと呼ばれる。

小粒なので、付けエサには同様の大きさに切ったサビキやウイリー、イカ短などが使用される。

【使用する釣り】

初夏はイサキが旬だ。

房総のイサキ釣りや、クロダイ釣りなど。

またサビキアジなどでも使用される。

また、ウイリーやサビキなど擬餌バリを使用した仕掛けとの相性がいい。

オキアミが使用制限されている場所では代用や併用するケースも多い。

【ビシ】

プラビシはFLサイズが適合。

窓を全開にすると、すぐ空になってしまうので、7、8割詰めて2、3回のシャクリで空になるように調整する。

【使用上の注意】

コマセの釣法が禁止されている地区での使用は厳禁。

また、コマセ全般に言えることだが、船べりや衣服に着いた場合は早目に取り除く。

乾燥すると固まって匂いが残ったり取りずらくなる。

ミンチ

【ミンチとは】

ミンチは大物を釣るときのマキエサにも使われることもある。

イワシやサンマなどの小魚をミンチ状にしたもの。

様々な魚種がミックスされている場合もある。

【使用する釣り】

アジは1年通して人気。

東京湾や相模湾のアジ釣りで使用。

サビキ釣りなどで使用することもある。

アジ釣りと相性がいい。

【ビシ】

アンドンビシやプラスチックビシを使用。

相模湾ではプラスチック製が一般的。

【注意点】

解凍する際に海水を使用しすぎるとゆるくなってしまうので、凍らせたブロックが配られる場合は要注意。

また、皮や骨などが目に詰まることがよくあるので、定期的に歯ブラシなどでカゴの内部を掃除しないと、目詰まりを起こしてコマセが出なくなる。

コマセ釣りはタナ取りが重要

コマセ釣りはコマセで魚を寄せて、ハリ掛かりさせる釣り。

したがってどのタナでコマセを撒いて魚を寄せるかが重要になる。

そこで船長は「海面から〇m」とか「底から〇m」などと指示する。

この指示に従いきっちりとタナを取ることが重要。

「海面からの指示」と「底からの指示」のどちらの指示にも対応できるように一例を図にまとめたので参考にしてほしい。

水深が浅い場合や、潮が速すぎて途中でイトを止めると一気にイトがフケて正確にタナを取れない場合などは底からのタナ指示が多い。

水深は深いものの反応は上層に出ている場合や、根周りなど海底の起伏が激しく釣り座によって水深が大きく変わってしまう場合などは海面からのタナ指示が多い。

このように指示したタナより下げてしまうと何かしらのトラブルが考えられるケースが多いため、海面からの場合は指示ダナよりも深くまでビシを落とさないように特に注意しよう。

<週刊つりニュース関東版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年6月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。